【写真つきで解説】基本のターメリックティーの作り方

基本のターメリックティー

お酒を飲みすぎた次の日に、内臓脂肪の軽減にと、色々な効果を期待できるターメリックティー。

毎日飲むのなら、シンプルで作りやすく、効能がしっかりとあるものが良いですよね。そして何より「味がおいしい」ことも外せません。

この記事では「簡単」「おいしい」「効能がしっかり」の3つの条件をそろえたターメリックティーのレシピをご紹介します。ぜひ挑戦してみてください。

基本のターメリックティーの作り方

基本のターメリックティー

ターメリックティーをおいしく飲むには「ターメリックだけで作らないこと」、これが大きなポイントになります。

ターメリックだけで作るティーの味は、無味で香りも少なく、「お茶」というには少し物足りない感じがします。

そこに加えるのは「黒こしょう」「はちみつ」。この2つを加えるだけで、無味なターメリックティーが一気においしくなります。

Ingredients  ー材料ー

基本のターメリックティー 材料

<1杯分>

ターメリック(みじん切りorパウダー)… 小さじ1
黒こしょう … 少々
はちみつ … 小さじ1~
水 … 200ml

Directions  ー作り方ー

1 茶こしをカップの中にセットし、ターメリックを入れます。(下の写真は透明なガラスの茶こしを使っています)

基本のターメリックティーの作り方1


2 お湯を沸かし、1のカップに注ぎます。

基本のターメリックティーの作り方2


3 ふたをして5~15分待ちます。

基本のターメリックティーの作り方3


4 ターメリックを取り除き、お好みではちみつを混ぜ、黒こしょうを振りかけたらできあがり。

基本のターメリックティーの作り方4

作り方のポイント

 乾燥ターメリックでもOK

ご紹介したレシピは、乾燥させたターメリックで作ることもできます。その場合には、ターメリックの分量を大さじ1に変更して、10分以上蒸らして作ってください。

乾燥させたものは、成分がお茶に溶け出す前にまずは「水を含んで柔らかくなる時間」があります。そのため、きもち長めに蒸らすのが正解です。

 カップに入る茶こしがあると便利

カップに入るサイズの茶こしを用意しておくと、ターメリックを取り除く作業が楽になります。

使う茶こしは、紅茶用でも緑茶用でも、ボール型でも乗せるタイプでも何でも構いません。毎日ハーブティーを飲みたいという方はぜひ、100円ショップで茶こしを探してみると良いですよ。

 蒸らし時間はたっぷりと

ターメリックには色素が多いので、お湯を注いだ瞬間にお茶がオレンジ色になり、「5分くらい蒸らせばいいかな」と思ってしまいます。実際のところ、多くのターメリックティーのレシピでは、蒸らし時間は5分程度のものが多いです。

しかし私は、ターメリックの効能をしっかりと摂りたいので、いつも15分蒸らしています。なぜなら、ターメリックは薄いミントの葉などと違い、硬くて厚みがあり、たった5分では有効成分が十分に抽出できないからです。

長く蒸らしても特に飲みづらい味になることはないので、ぜひ時間をかけてターメリックティーを作ってみてください。

ちなみにパウダーを使う場合には蒸らし時間は0分でOKです。

蒸らすときにはふたをすることも忘れずに。

基本のターメリックティー ポイント2

ターメリックの詳しい効能は「ターメリック・ウコンの効能9つ」 にまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連レシピ

ターメリック・ジンジャーティーの作り方

ターメリック・ミルクティーの作り方