フライパンで作る|ローズマリーポテトのレシピ

ローズマリーポテトの作り方

この記事では、サイドディッシュの定番「ローズマリーのローストポテト」を、オーブンを使わずにフライパンで作る方法をご紹介します。

レシピの特徴

 レンジで「時短」でポテトに早く火を通す

 ローズマリーを入れる正しい「タイミング」がわかる

 万人受けするローズマリーの「適量」がわかる

夕食のメニューを選ばず、困ったときの「もう1品」として使える万能レシピです。ぜひ挑戦してみてくださいね。

ローズマリーポテトの作り方

朝ごはんの目玉焼きの横に添えてもおいしいですし、お弁当のおかずとしても使えます。

Ingredients  ー材料ー

2~3人分

じゃがいも3個
玉ねぎ1/2個
ローズマリー1枝

[調味料]
バター10g
オリーブオイル大さじ1
小さじ1
黒こしょう少々

Instructions ー作り方ー

 ローズマリーは茎から葉を取り、みじん切りにします。じゃがいもと玉ねぎは皮をむいてひと口大に切ります。


 じゃがいもを耐熱ボウルに入れて電子レンジに入れ、600Wで3分加熱します。


 じゃがいもをレンジにかけている間に、玉ねぎを炒めます。フライパンを中火に熱し、バターを溶かします。玉ねぎを入れて、透き通るまで炒めます。


 レンジが終わったら、じゃがいもをフライパンに加え、ヘラでひと混ぜします。


 塩/ローズマリー/水50mlをに入れてフタをし、弱火で5分間熱します。(加熱中はこげないように1~2回かき混ぜます)


 オリーブオイルと黒こしょうを回し入れます。じゃがいもに焼き目がつくまで2~3分炒めたらできあがり。


レシピのポイント

じゃがいもは「3分レンジ」で時短

「じゃがいもをレンジして時短」というのはよくある方法ですが、このレシピでは、じゃがいもに完全に火が通るまでレンジ加熱はしません。

ほどほどに火が通ったところでフライパンに投入することで、玉ねぎの甘みやローズマリーの香りをじゃがいもに吸収させることができます。

ローズマリーは「500gに1枝」がベスト

ローズマリーは香りが出やすいようにみじん切りにして、苦味が出ないようにさっと5分程度で加熱を終わらせます。

ローズマリーの香りがきつくないと感じる適量は、じゃがいも約500gに対して、10cmほどの長さのローズマリーを1枝です。玉ねぎが加わると甘みも増すので、子供も食べやすくなります。

オイルとこしょうは「最後」に加える

最後にオイルを回しかけると、ポテトがカリカリになります。そして、黒こしょうは食べる直前に軽く加熱することで、香りがよく立ちます。