【イタリアンパセリの保存】冷蔵・冷凍保存でおいしく使い切る

【イタリアンパセリの保存】冷蔵・冷凍保存でおいしく使い切る

「イタリアンパセリがたくさんあって使い切れない」
ということはありませんか?

ついつい「多量消費」が頭に浮かんでしまいますが、実はイタリアンパセリは意外に長持ちします。

あわてて大量消費しなくても長くおいしく楽しめる「イタリアンパセリの保存法」をご紹介します。

イタリアンパセリの洗い方

イタリアンパセリの洗い方

イタリアンパセリを保存するときには、事前にさっと洗っておくことをおすすめします。

イタリアンパセリには目に見えない雑菌がついているため、保存前に洗い流しておくと、洗わないで保存するよりも新鮮さが長持ちします。

イタリアンパセリの洗い方

イタリアンパセリの洗い方

イタリアンパセリの洗い方

1 サラダスピナーのふたを取り、水をためます。

2 イタリアンパセリの茎を持ち、葉の部分を水につけて2~3回ゆすり洗いします。

3 水を捨て、サラダスピナーを回転させて水気を取り除いたらできあがり。

4 サラダスピナーがない場合には、キッチンペーパーで優しく水分をふき取ってくださいね。

ハーブは本来、使う直前に洗うのが一番理想的です。洗うことによって香りが飛んでしまうからです。

とはいえ、一般家庭では「手早く使える」ことが大事ですよね。

洗ってから保存しておけば、少量から気軽に使うことができます。

イタリアンパセリの冷蔵保存

パセリを洗い終えたら、さっそく冷蔵保存をしてみましょう。

「パセリ=冷凍」

というやり方が浸透していますが、やはり冷凍保存はパセリの香りをかなり失ってしまいます。

パセリが大量にあるという場合以外は、できるだけ冷蔵保存のまま使い切るようにがんばってみましょう。

冷蔵保存の方法(保存期間:最大3週間)

冷蔵保存の方法

イタリアンパセリの冷蔵保存

1 キッチンペーパーを濡らしたら軽くしぼり、水が滴らない程度にします。

2 を2~3つ折りにして、パセリの茎を包むように巻いていきます。

3 最後に、ポリ袋に入れてクルクルと巻いたら完成です。

4 冷蔵庫に立てて保存するとより長持ちします。

ポリ袋の代わりに、野菜のプラスチックパックで保護しながら保存する方法もあります↓

 ハーブの保存は手抜きでOK|おいしく長持ちさせる方法

イタリアンパセリの冷凍保存

「パセリが大量にあって、とても1週間では使い切れない」という場合には、冷蔵庫でダメにしてしまう前に冷凍保存をしてみましょう。

基本的には、葉だけをジッパー付き保存袋に入れるだけで完了します。

冷凍方法(保存期間:約3か月)

冷凍方法

イタリアンパセリの冷凍保存

1 茎を取り除き、葉だけにします。

2 をジッパー付きの袋に入れ、葉がなるべく重ならないように広げます。

3 手で押さえつけて空気を抜きながらジッパーを閉めたらできあがり。冷凍庫に保存します。

4 使うときには、手でパリッと割って、必要な分だけ取り出すことができます。

ハーブオイルで料理が手間いらず

パセリの冷凍保存には「オイルと一緒に冷凍する」という方法もあります。

パセリとオリーブオイルは風味の相性が良いので、パスタやトマトソース作りに活躍します。

イタリアンパセリの冷凍保存(オイルキューブ)

1 茎を取り除き、葉をみじん切りにします。

2 製氷皿にを均等になるように入れたら、オリーブオイルを注ぎます。

3 冷凍庫で凍らせたらできあがり。

量の目安は、製氷皿1マスあたりパセリを小さじ1~2程度です。

使うときには、凍ったままフライパンに入れてくださいね。

イタリアンパセリのオイルが役立つ料理は?

トマトパスタ
ミートソースパスタ

ペペロンチーノ
肉や魚のソテー
トマトスープ

手作りドレッシングなど

パセリオイルは、香りづけとしてパスタやサラダにひと回ししていただくこともできます。

ハーブオイルで料理が手間いらず

おわりに:かしこく保存して長く楽しむ

イタリアンパセリは、上手に保存すれば冷蔵でも3週間持ちます。

焦って消費する必要はありません。
しっかりと保存して、長く楽しんでくださいね。