ドライハーブで作るおいしいハーブティーの入れ方

ドライハーブティーの入れ方

ドライハーブのハーブティー

ドライハーブのルースティーをお持ちなら、本格的なおいしいハーブティーを作ることができます。おいしいハーブティーとは、アロマが強く、苦味がほどよくあることが大切です。家庭でも簡単にできる、おいしいハーブティーの入れ方を丁寧に解説します。

おいしいドライハーブティーの作り方

おいしいドライハーブティーの作り方

おいしいドライハーブティー作りに大切なのは、「ハーブが新鮮であること」です。たとえ乾燥されている状態でも、新鮮であればあるほど、ハーブの香りと味がはっきりと現れます。

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量 250ml・たっぷり1杯分

 ドライハーブ … 小さじ山盛り1杯
 水 … 250ml

水はややたっぷりめに250ml用意します。水が多めだと、お湯が冷めづらく、ハーブもしっかりと蒸らすことができます。

Instructions ー作り方ー

 お湯を沸かしている間に、ティーポットにハーブを入れておきます。

ドライハーブティーの作り方1


 お湯が沸騰したら火から下ろし、30秒ほど置いてあら熱を取ります。1のティーポットにお湯を注ぎます。※ ハーブにかけるように、一気に勢い良くお湯を注ぐのがポイントです。

ドライハーブティーの作り方2


 ティーポットのふたをしてハーブを蒸らします。蒸らし時間は、じっくりと15~20分かけましょう。

ハーブティーの作り方 簡単4ステップ:工程3


 茶こしでハーブをこしながらカップに注いだらできあがり。できたてをいただきます。

ドライハーブティーの作り方4


Tips ーレシピのポイントー

ドライハーブの蒸らし時間はじっくりと

ドライハーブを蒸らすときには、まずはドライハーブ自体が水分を吸い込んで、「フレッシュハーブ」に戻る時間が必要です。

成分が抽出されるのはドライハーブが柔らかくなってからなので、時間を長めにとり、じっくりと蒸らしましょう。

まとめて作り置きする方法

まとめて作り置きをする

蒸らし時間が長めのドライハーブティーは、まとめて作っておくと便利です。まとめて作りやすい量、味を落とさずに保存する方法などをご紹介します。

Ingredients  ー材料ー

※作りやすい量 1L・4杯分

 ドライハーブ … 小さじ山盛り4杯
 水 … 1L
[必要な道具]
 
 
ピッチャー(※)… 1Lサイズのもの

※麦茶などを入れておくピッチャーをご用意ください。

Instructions ー作り方ー

 (500ml)を鍋に入れ、沸騰させます。お湯が沸いたらハーブを入れて軽くかき混ぜ、火を止めてふたをします。
 15~20分たったら茶こしでハーブをこしながら、ピッチャーに注ぎます。
 残りの水(500ml)を足せばできあがり。冷蔵庫で保存し、1週間以内に飲み切ります。

Tips ーレシピのポイントー

水を2つに分けて時間短縮

水を後から加えることで、沸騰するまでの時間を早め、光熱費を節約します。

あら熱を冷ます時間も必要なくなるので、すぐに冷蔵庫に入れて保存することができます。

 1日に飲んでも良い量は3杯まで

まとめて作ると、ついつい飲みすぎてしまいますが、飲む量は1日3杯までにしておきましょう。