ハーブティーを煮出す方法【実践レシピ付き】初心者でも失敗なし

ハーブティー煮出す方法

煮出して作るハーブティー

「ハーブティーの煮出しと蒸らしの使い分けが分からない」
「効果的な煮出し方がいまいち分からない」

そんな疑問はありませんか?

この記事では、ハーブティーの初心者の方でも簡単に実践できるように、煮出しハーブティーの作り方を写真付きで丁寧に解説していきます。

煮出しの方法を覚えてしまえば、ハーブティーの楽しみの幅がぐっと広がります。ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。

「煮出し」と「蒸らし」の使い分け

「煮出し」と「蒸らし」の使い分け

「煮出し」と「蒸らし」の簡単な使い分け方をご紹介します。

硬いハーブは「煮出す」

柔らかいハーブは「蒸らす」

「煮出し」と「蒸らし」の使い分けは、ハーブが硬いか、柔らかいかの違いで判断します。

ハーブには、葉だけではなく、花や根や種子など、色々な植物の部分が使われています。どの部分からできたハーブなのかによって、「煮出し」と「蒸らし」の判断がしやすくなります。

 硬いハーブの例

根(ジンジャー、チコリなど)
種子(カルダモン、コリアンダーなど)
木の皮・枝(シナモン、リコリスなど)

例えばチャイを作る時、インドの人は煮出しながら作ります。それは、ジンジャーやカルダモンなどの硬いハーブを使うためなのです。

 柔らかいハーブの例

葉(バジル、ミントなど)
花(カモミール、ラベンダーなど)

葉や花びらは柔らかいので、蒸らすだけでもハーブの香りをしっかりと引き出すことができます。

さらに、ハーブの部位に関係なく、簡単に「煮出し」なのか「蒸らし」なのかを見分ける方法もあります。

「煮出し」と「蒸らし」の簡単な見分け方

手で簡単に破ることができたら、そのハーブは「蒸らし」でハーブティーを作ることができます。

力を入れてもなんとか曲げられる程度、またはポキッと折れてしまうハーブなら、「煮出し」でハーブティーを作る必要があります。

手で破ることのできるほどの柔らかいハーブは、迷わず「蒸らし」でハーブティーを作りましょう。

「煮出し」と「蒸らし」を逆にしてしまうとどうなる?

「煮出し」と「蒸らし」を逆にしてしまうと、効能が全く引き出せない、味が悪くなるということが起こります。

 本来「煮出し」で作るべきハーブティーを「蒸らし」で作った場合、ハーブの成分はほとんど引き出すことができません。香りと効能の弱いハーブティーになってしまいます。

 本来「蒸らし」で作るべきハーブティーを「煮出し」で作った場合、効能が強力になりますが、味がきつくなり、飲みづらいハーブティーになります。

「煮出し」と「蒸らし」をしっかりと使い分けることが、おいしいハーブティーへの近道です。

煮出し方は4ステップ

ハーブティーの煮出し方は、たったの4ステップで完了します。

ハーブティーを煮出す方法:4ステップ

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量 500ml・たっぷり2杯分

 ドライハーブ … 小さじ山盛り2杯
 水 … 500ml

Instructions ー作り方ー

 鍋に水を入れます
 ハーブを入れてスプーンでひと混ぜし、ハーブを完全に水に浸します。
 中火にかけます。沸騰したら弱火にし、フタをします。そのまま10~20分煮ます。(※)
 ハーブをこしたらできあがり。

薬として飲むハーブティーでなければ、5~10分程度煮るだけで十分です。

Tips ーレシピのポイントー

とろ火で煮込む

煮出す工程では、なるべく沸騰させないのが理想的です。弱火の中でも一番弱い「とろ火」で煮込みましょう。

フレッシュハーブを使う場合のレシピ

フレッシュハーブを使って煮出しハーブティーを作りたい場合には、次のように変更してください。

[材料]
フレッシュハーブ … 大さじ山盛り1杯
水 … 500ml

[作り方]
鍋にハーブと水を入れ、弱火で5分間煮たらできあがり。

初級編:ジンジャーハニーティーの作り方

初級編:ジンジャーハニーティーの作り方

生姜とはちみつがあればできてしまう、代表的な煮出しハーブティー「ジンジャーハニーティー」を作ってみましょう。

ちなみにこちらは、アメリカのおばあちゃんのお手製レシピです。

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量 1杯分

 生しょうが(スライス)… 小さじ1
 はちみつ … 小さじ1
 水… 250ml

Instructions ー作り方ー

 しょうがは薄切りにします。1杯分のお茶には4~5枚が適量です。

ハーブティーを煮出す:ジンジャーティー:工程1


 (または耐火性のティーポット)にしょうがと水を入れ、中火にかけます。

※ 写真では耐火性のティーポットを使っています。

ハーブティーを煮出す:ジンジャーティー:工程2


 沸騰したら弱火にして、フタをします。そのまま10分間煮ます。

ハーブティーを煮出す:ジンジャーティー:工程3


 しょうがを茶こしで取り除きながら、カップに注ぎます。

ハーブティーを煮出す:ジンジャーティー:工程4


 小さじ1杯のはちみつを混ぜたらできあがり。

ハーブティーを煮出す:ジンジャーティー:工程5


Tips ーレシピのポイントー

しょうがの皮はむかなくてもOK

しょうがは、皮をむいてもむかなくても、どちらでも構いません。両者の違いは、皮をむいた方が表面積が大きくなり、しょうがの成分が抽出されやすくなるということです。とは言え、皮つきでも十分香りは出ますので、面倒な方は皮つきのまま使ってください。

はちみつを混ぜながら飲む

はちみつは温かいうちに混ぜてください。すぐに飲まない場合は、はちみつを混ぜて完全に溶かしてから、ラップをして冷蔵庫で保存することもできます。(保存期間1週間)

Benefits ーレシピの効能ー

「しょうが+はちみつ」という組み合わせは、昔から風邪を治すためのお茶として使われてきました。

しょうがにはミネラルが豊富に含まれ、強い抗酸化作用、吐き気を抑える効果があります。
はちみつには滅菌作用があり、喉を保湿してくれます。

このジンジャーティーは、薬の副作用で吐き気がする時や、つわりの時にも飲むことができます。

中級編:リコリスハニーティーの作り方

中級編:リコリスハニーティーの作り方

今度は、「煮出し」の中級編のレシピに挑戦してみましょう。

中級編では、「煮出すハーブ」と「蒸らすハーブ」の2つを合わせてお茶を作る方法をご紹介します。

レシピでは、風邪のハーブとして人気のあるリコリスと、風邪・リラックスのハーブであるレモンバームを合わせたお茶の作り方をご紹介します。

Ingredients  ー材料ー

リコリスハニーティーの作り方:材料

※できあがりの量 500ml・たっぷり2杯分

 リコリス(ドライハーブ)… 小さじ1
 レモンバーム(ドライハーブ)… 小さじ1
 はちみつ … 小さじ2
 水 … 500ml

Instructions ー作り方ー

 小鍋(または耐火性のティーポット)にリコリスと水を入れ、中火にかけます。※ 写真では耐火性のティーポットを使っています。

ハーブティーを煮出す:リコリスティー:工程1


 沸騰したら弱火にして、ふたをします。そのまま10分間煮ます。

ハーブティーを煮出す:リコリスティー:工程2


 火から下ろしたら、レモンバームとはちみつを加え、スプーンでひと混ぜします。

ハーブティーを煮出す:リコリスティー:工程3


 再びふたをして、そのまま20分ほど置いてあら熱を取ります。

ハーブティーを煮出す:リコリスティー:工程4


 茶こしでこしながら、カップに注いだらできあがり。

ハーブティーを煮出す:リコリスティー:工程5


Tips ーレシピのポイントー

「煮出し」と「蒸らし」を一緒に

ハーブをブレンドして作る時には、煮出しのハーブと蒸らしのハーブを合わせる場面も多々あります。

そのような時には、はじめに「煮出し」でハーブティーを作り、後から「蒸らし」のハーブを加えれば、効率よく作ることができます。

Benefits ーレシピの効能ー

注意:妊娠中の人、高血圧の人、心臓の状態の悪い人は、リコリスを避けてください。

リコリスは、過敏性腸症候群や、喉の痛みに効果のあるハーブです。リコリスティーを飲むと、喉に甘さが残ります。この「残った」感じがリコリスの特性で、喉に張り付いて成分を浸透させます。

レモンバームは、鎮静作用のある、痛み止め・抗うつ剤・リラックスのハーブです。リコリスと合わせると、風邪の症状を緩和しながら、体力の回復を助けてくれます。

リコリスとレモンバームの組み合わせは、喉がイガイガする時にもおすすめです。

さいごに

煮出してハーブティーを作る方法は、思ったよりも簡単に感じたのではないでしょうか。

煮出すことは「煎じる」とも言い、漢方などでも古くから用いられてきた方法です。

ハーブティーの効能をしっかりと引き出すためには、煮出すことはとても大切です。

これからは、ハーブティー作りに「煮出し」のテクニックをどんどん使っていきましょう。