ローズマリーティーが寝る前に効果的な理由7つ|飲み方 レシピもご紹介

ローズマリーティーが寝る前に効果的な理由7つ:飲み方 レシピもご紹介

この記事はこんな人におすすめ

  • ローズマリーティーを寝る前に飲んでもいいの?
  • ローズマリーティーを飲むと眠くなる?それとも目が覚める?
  • ローズマリーティーで睡眠不足は解消できる?

香りが良く、飲むと自然と心が落ち着くローズマリーティー。

一日の締めくくりに飲みたいハーブティーのひとつですよね。

ですが、

寝る前に飲んでも本当に大丈夫なの?目が覚めたりしない?

など、色々と気になりますよね。

 

ローズマリーティーは、7つの効能であなたの眠りの質を良くしてくれます。

私が試したところ、ローズマリーティーで目が覚めやすくなることはなかったので、ご安心ください。

今回の記事では、「ローズマリーティーがあなたの眠りを助ける7つの理由」、そして「より効果を強めるためのブレンドレシピ3つ」をご紹介していきます。

1.ローズマリーティーが寝る前に必要な理由

ローズマリーティーが寝る前に必要な理由

そもそもなぜ、ローズマリーティーを寝る前に飲む必要があるのだと思いますか?

その答えは、

「質の良い眠り」を自然に得ることは難しいから

です。

現代では、普通に寝ているつもりでも、いつの間にか「不眠症」に陥ってしまう人が急増しています。

10人に3人が睡眠障害

ある研究によると、世界の人口の約3割が、慢性的な不眠症の状態にあるのだそうです。[1]

日本国内の調査だと、成人の約2割に「不眠症の疑いがある」とされていて、そのうち6割が「自覚がない」ということが分かっています。[2]

さらに、不眠になると、日中の活動のパフォーマンスが約3割低下するとのことです。

他にも、不眠が引き起こすダメージはたくさんあります。

不眠が引き起こすダメージ

  • いつもだるい
  • いつも眠い
  • イライラが止まらない
  • 顔色が悪い、老けて見える
  • 気分が落ち込み、何もかもがイヤになる
  • 車の運転が下手になる、事故率が高まる
  • 勉強や仕事に集中できなくなる
  • 口臭がきつくなる

最悪の場合、不眠のせいで人生が壊れてしまう可能性すらありそうですね。

気づかないうちに「不眠」になっているかも?

あなたも、気が付かないうちに「不眠」になっているかもしれません。

次の条件に当てはまる人は、不眠の可能性が高いのだそうです。

あなたは大丈夫?4つの不眠チェック

  • 布団に入っても30分以内に寝付けない
  • 午前中にあくびが出る
  • お酒やタバコが習慣になっている
  • 更年期障害である

私は、たまにお酒を飲みますし、週に3~4日は午前中にあくびが出ます。30分以内に寝付けない日もちらほらあるような・・・

あなたはどうでしたか?

不眠症が重症化する前に、ローズマリーティーを使って不眠を解消しましょう。

2.ローズマリーティーが不眠に効く理由7つ

ローズマリーティーが不眠に効く理由6つ

ローズマリーティーを寝る前に飲むことは、

  • アロマセラピー
  • 自然の睡眠薬を飲む
  • ストレスの解消

の3つを同時に行えるお得な方法でもあります。

ローズマリーティーが不眠に有効に働く具体的な理由7つを見ていきましょう。

1.「ストレスで眠れない」を解消

ローズマリーティーを寝る前に飲むとストレスを解消する

昼間に受けるあらゆるストレスは、細胞にダメージを与え、不眠の原因を作りだします。

ストレスを受けると、

1. ストレスホルモンの分泌 → 2. フリーラジカルの発生 → 3. 細胞にダメージを与える

という悪循環が生まれます。

ローズマリーティーはこの悪循環のうち、「2. フリーラジカルの発生」をなかったことにしてくれます。

つまり、細胞がダメージを受ける前に阻止してくれるのです。

ある研究では、ローズマリーの葉の抽出物が、フリーラジカルを消去する作用を持つことが明らかになっています。[3]

フリーラジカルの消去作用は、老化現象に打ち勝つのにも役立つのでうれしいですね。

ローズマリーティーの若返り効果について知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

ローズマリーティーで若返りは可能?|7つの若返り効果を検証してみた

2.「不安で眠れない」を解消

眠れない原因で一番多いのは、「不安が止まらなくなる」ことではないでしょうか。

「うまくいかなかったらどうしよう」
「このまま人生が終わってしまったらどうしよう」
「ひとりになったらどうしよう」

など、夜になったとたんに色々なことが不安になってしまうんですよね。

不安に飲み込まれそうになった時には、ローズマリーティーに助けを借りましょう。

ローズマリーティーには、「α-ピネン」という成分が含まれています。

α-ピネンには、抗不安作用、抗ストレス作用があるので、あなたと一緒に「不安」や「ストレス」と闘ってくれます。

2017年のマウスを用いた研究では、ローズマリーのエッセンシャルオイルを吸入したマウスのドーパミンレベルが上昇し、ストレスに対抗する力が強くなりました。[4]

ドーパミンは、快の感情や意欲を出すための物質です。ドーパミンの分泌を促してくれるローズマリーティーは、暗く沈みがちな気分を立て直すのにきっと役立つはずです。

ちなみにローズマリーのエッセンシャルオイルは、ローズマリーティーの香りをかぎながら飲むと、効率的に体内に取り込むことができます。

3.「張り詰めた神経」をゆるめる

ローズマリーティーを寝る前に飲むと「張り詰めた神経」をゆるめる

不安やイライラを感じていると、筋肉が縮こまり、神経が緊張した状態になります。

緊張して力が入っていては、どうがんばっても心地よい眠りにつくことはできません。

ローズマリーティーに含まれる成分には、緊張した神経組織に入り込み、ゆるませる作用があります。

実際にローズマリーティーを飲むと、5分ほどで体の力がすーっと抜ける感覚があります。

このローズマリーティーの作用は、心臓がドキドキして眠れない時にも有効です。

4.「痛くて眠れない」を解消

背中が痛くて眠れない、または、生理痛がひどくて眠れないという日には、ローズマリーティーの鎮痛作用が役立ちます。

痛みは細胞の炎症やけいれんによって起こります。

ローズマリーティーには「抗炎症作用」「抗けいれん作用」があり、痛みの原因となる炎症やけいれんを鎮めてくれます。

歯がズキズキして眠れない時には、ローズマリーに少量のクローブを混ぜて飲むと、局所麻酔になって良いですよ。

5.「鼻がつまって眠れない」を解消

  • 鼻づまりがひどくて眠れない
  • 咳が止まらない
  • 痰がつまっていて呼吸がしづらい
  • 息をするとゼーゼーする

という時に役立つのは、ローズマリーティーの「去痰(きょたん)作用」です。

ローズマリーティーは、鼻や喉の奥につまっている粘液を動かし、排出するのを助けてくれます。

また、気道の筋肉をゆるめ、呼吸の通り道を広げる作用もあります。

この作用は、ローズマリーにリコリスかタイムをブレンドすると、さらに効果を強めることができます。

6.「吐き気がして眠れない」を解消

眠れない原因として意外と多いのは「胃もたれ」「胸やけ」「吐き気」です。

横になると胃液が上がってくるので、余計に辛いですよね。

寝る前に「胃がなんだかおかしいな」と感じる時には、そのままベッドに横になると吐き気が襲ってくることもあります。

30分ほど時間を取って、ローズマリーティーを飲んでみましょう。

ローズマリーティーには消化を促進する作用があるので、胃もたれを解消し、吐き気を事前に止めてくれる効果があります。

胃もたれの症状がひどい時には、ローズマリーにジンジャー(しょうが)をブレンドしてみてください。消化促進、吐き気止めの効果を強めることができます。

7.「疲れているのに眠れない」を解消

不眠症が長く続いていると、次第に体力が回復できなくなります。

疲れているのに眠れない

というのは、不眠症の症状の中でも一番深刻ですよね。

ローズマリーティーには、体に活力を与える成分が含まれています。

寝る前にローズマリーティーの成分を体内に取り込んでおくと、寝ている間の疲労回復のスピードを早めるのに役立ちます。

3.寝る前のローズマリーティー 効果的な飲み方

寝る前のローズマリーティー 効果的な飲み方

ローズマリーティーはノンカフェインなので、眠る直前まで飲むことができます。

しかしながら、気になるのがローズマリーティーの「利尿作用」です。せっかく眠りについても、トイレに起きてしまっては意味がありません。

そこでおすすめなのは、次のような飲み方です。

寝る前のローズマリーティーの飲み方

  • 寝る前に飲むローズマリーティーの量は1/2カップ (100ml) 
  • 夜にトイレが近い人は、2時間前までに飲み終えておく
  • 夜にあまりトイレに起きない人でも、1時間前までには飲み終えておく

私は夜にトイレに起きてもあまり気にしないタイプなので、寝る30分前まで飲んでいます。

それで毎回トイレに起きるかというと、そうでもありません。トイレに起きるのは、5回に1回くらいだと思います。

人それぞれ体質があるので、色々試してご自分に合った時間を探してみると良いと思います。

+α のコツ

寝る前のローズマリーティーでトイレに起きないために、こんなコツもあります。

ローズマリーティーを飲んだ後の+α

  • ローズマリーティーを飲んだ後に軽くストレッチをすると、余分な水分を早く排出することができます。
  • ストレッチのあとにはリンパを軽くさすり、老廃物の排出を助けましょう。

考えてみると、私がトイレに起きなかった日は、ローズマリーティーを飲んだ後にストレッチかヨガをしていた、というパターンが多いことに気がつきました。

ストレッチは上半身ではなく、下半身、特に内もを中心によく伸ばす方が、余分な水分が出やすくなります。

個人差があるので、100%の方法ではありませんが、気が向いたらぜひ試してみてくださいね。

4.寝る前に飲みたい!ローズマリーのティーブレンドレシピ3つ

寝る前に飲みたい!ローズマリーのティーブレンドレシピ3つ

質の良い眠りへと誘う、ローズマリーを使ったハーブブレンド3つをご紹介します。

  • ある程度の量がないとブレンドを作るのが難しくなるので、すべてのブレンドは「2杯分」で記載しています。
  • ブレンドはすべて、ドライハーブの分量になっています。
  • ハーブティーの作り方が分からない場合には「ドライハーブで美味しいハーブティーを入れる方法」の記事を参考にしてみてください。

1.ストレスに強くなる:ローズマリーとネトルのブレンドティー

レシピ

・ローズマリー … 小さじ1/2
・ネトル … 小さじ1/2
・ペパーミント … 小さじ1

効能は?

  • 神経を健康な状態に戻す作用があるので、ストレスに強くなります。
  • ストレスが原因で胃腸が弱っていると、良い睡眠を妨げます。ペパーミントは寝ている間に胃腸の不調を整えてくれます。

どんな味?

すっきりとしたあと味/かすかな苦味/甘み/まろやか/かすかにスパイシー/とても飲みやすい

2.イライラ・不安を和らげる:ローズマリーとカモミールのブレンドティー

レシピ

・ローズマリー … 小さじ1/2
・カモミール … 小さじ1
・バジル … 小さじ1

効能は?

  • 飲むと、イライラがすっと消えていきます。
  • 不安な気持ちや緊張を和らげ、気持ちが穏やかになるのをサポートします。
  • 即効性のある抗うつハーブティーです。

どんな味?

カモミールの香り/強い甘み/まろやか/飲みやすい

3.ローズマリーのリラックスティー

レシピ

・ローズマリー … 小さじ1/2
・レモンバーム … 小さじ1
・レモンバーベナ … 小さじ1/2

効能は?

  • 抗うつ効果・リラックス効果が強力なレモンバーム、レモンバーベナを合わせました。
  • こちらも即効性があり、味も良いです。
  • 神経細胞に栄養を与え、強くします。少々のストレスでは応えない、強い心を作ります。

どんな味?

レモンの香り/甘み/まろやか/とても飲みやすい

5.さいごに

眠れない時には、

「まずは不眠の原因になっているストレスをなんとかしないと!」

とは思わなくても大丈夫です。

まずはよく眠れるようになって、あなたの体と心が回復することが大事です。

不眠の原因に対処するのは、その後で良いので、焦らず不眠に対処してきましょう。

 

不安やストレスが慢性化している場合には、穏やかなローズマリーティーでは効き目が薄いと感じることもあるかもしれません。

そんな時には、ローズマリーティーにプラスして、次のようなことを試してみてください。

  • ふわふわの質の良いタオルを枕に巻いてみる
  • 布団を日干ししてみる

何のひねりもない方法ですが、肌触りを良くしておくことは、思いのほか効果があります。

さらに私がよくやるのは、視覚から情報を入れて、気持ちを切り替える方法です。

  • 将来行ってみたい場所(国)の写真をインターネットで検索して眺めてみる
  • 「きれいな景色」と検索して出てきた画像を眺めてみる

私は視覚から情報を受け取るのが得意な方なのか、上のような方法が効果があります。

耳の敏感な方は、イヤホンをしてリラックス音楽を聴くのも良いと思います。

ローズマリーティー以外にも、使えるものは何でも積極的に試していって、お気に入りの不眠解消法を見つけていきましょう。

さっそく今夜、ローズマリーティーを試してみてください。
私も今夜ローズマリーティーを飲んで眠ります。

お互い、良い眠りにつけるといいですね。

こちらの記事もおすめです

・スリープティー|就寝前のリラックスハーブティーの作り方

・話題の瞑想の方法|ティーメディテーション【お茶でかんたん瞑想】

・【初心者向け】ローズマリーティーの作り方|フレッシュ・ドライでおいしく作る方法

・【徹底比較】ローズマリーティーの味は?生と乾燥どっちが美味しい?