ローズマリーティーが寝る前に効果的な理由7つ|飲み方 レシピもご紹介

ローズマリーティーが寝る前に効果的な理由7つ:飲み方 レシピもご紹介

この記事はこんな人におすすめ

  • ローズマリーティーを寝る前に飲んでもいいの?
  • ローズマリーティーを飲むと眠くなる?それとも目が覚める?
  • ローズマリーティーで睡眠不足は解消できる?

香りが良く、飲むと自然と心が落ち着くローズマリーティー。

美容効果も研究でどんどん明らかになってきているため、愛用されている方も多いのではないかと思います。

しかしながら気になるのが「ローズマリーを寝る前に飲むと良いのか、悪いのか」ですよね。

結論から言うと、ローズマリーを寝る前に飲めば、眠りの質が良くなります。

私が試したところ、ローズマリーティーで目が覚めやすくなることはなかったので、ご安心ください。

この記事では、ローズマリーを寝る前に飲むとどんな効果が期待できるのか、また、どのようにして飲めばいいのかなどについて解説していきたいと思います。

ローズマリーティーは目が覚める?

ローズマリーティーが寝る前に必要な理由

ローズマリーの効能に「脳を活発に」と書いてあるけど・・・

ローズマリーの効能に「脳の活性化」「内臓の働きを活発にする」という文字を見たことのある方もいらっしゃるかもしれません。

実は、ローズマリーは睡眠を促すために使われるハーブではありません。

どちらかというと、脳をすっきりとさせるために使われています。

とはいえ、

「ローズマリーティーは寝る前に飲んではいけない」
だとか、

「ローズマリーティーが目を覚ます」
などというわけではありません。

なぜローズマリーが寝る前にいいの?

脳をすっきりとさせる効果のあるローズマリーですが、それでも多くの人が寝る前にローズマリーティーを飲んでいたり、ベッドのそばにローズマリーのアロマオイルを炊いたりしています。

その理由は、ローズマリーが不眠の奥深くの原因に対処してくれるハーブだからです。

眠くなれば解決!ではない

ただ眠気を促進させたいだけなのなら、パッションフラワーやセントジョンズワートの方が効果的です。

しかしながら、現代人の不眠の原因は「ただ眠くなればOK」というものではありません。

パソコンやテレビ、携帯電話や電子機器に囲まれて「脳が疲れているのに眠れない」という状態に陥っている人は少なくないはずです。

あるいは、昼間のストレスや将来への不安が頭をよぎり、眠れなくなってしまうこともあると思います。

そういった「ストレス」や「外部の刺激」という不眠の根本原因に対処してくれるのがローズマリーなのです。

ローズマリーは記憶の整理をしてくれる

さらにローズマリーには、寝ている間の記憶整理を効率的にサポートするとも言われています。

私たちは寝ている間に、昼間に得た情報を「使える状態」にするために記憶を整理します。それが「夢」です。

夢は、記憶整理がされている様子が表れたものです。

ローズマリーは、寝ている間も働き続けいる脳の活動を助ける役割をしてくれるのです。

これは、暗記やテスト勉強、仕事の効率化などに一役買ってくれるかもしれませんね。

ではここからは不眠の原因別に、ローズマリーの効果を詳しく見ていきましょう。

7つの不眠タイプ別|ローズマリーティーの効果

7つの不眠タイプ別|ローズマリーティーの効果

「ストレスで眠れない」を助ける

今日起きたイヤなこと、イラっとすること

夜寝る前に限って、何度も何度も思い出してしまいますよね。

ストレスはフリーラジカルを生み出し、細胞を傷つけると言われています。

そこで役立つのは、ローズマリーの「リフレッシュ効果」と「フリーラジカル抑制作用」です。

リフレッシュで悪循環を断ち切る

実は、

1.イヤなことが起きた瞬間
2.イヤなことを思い出した瞬間

上の2つの状態は、同じくらいのストレスがかかります。

つまり、思い出した回数だけ、イヤな体験を何度も繰り返しているのと同じなのです。

なのに何度も思い出してしまうのは、脳が「もう二度と同じことを繰り返さないように」と、いつまでも覚えておこうとするからなのだとか。

ローズマリーの香りにはリフレッシュ効果があり、気分を変えるのに役立ちます。

イヤな考えに取りつかれたら、まずはローズマリーティーの香りを深くかいで、ひと息つきましょう。

フリーラジカルをなかったことに

次に行うべきことは、ストレスによるダメージを抑えることです。

研究によると、ローズマリーにはストレスによって生み出されたフリーラジカルの発生を抑える働きが見られたということです。

 研究でわかったこと

ある研究では、ローズマリーの葉の抽出物が、フリーラジカルを消去する作用を持つことが明らかになっています。[3]

フリーラジカルの消去作用は、病気の予防、老化予防とも深い関係があります。

まずは、寝る前に感じたストレスをその場でケアすることが大切です。

「不安で眠れない」を切り替える

ローズマリーティーはストレスで眠れないを助ける

頭の中でイヤなことがグルグルと回る

不安な気持ちが止まらない

ネガティブな考えから抜け出せないときには、ローズマリーのセラピー効果を利用しましょう。

ローズマリーティーが幸せホルモンを増やしてくれる

ローズマリーには「α-ピネン」という成分が含まれています。

α-ピネンには、抗不安作用、抗ストレス作用があります。つまり、あなたの体の中で知らないうちに「不安」や「ストレス」と闘ってくれるのです。

 研究でわかったこと

2017年のマウスを用いた研究では、ローズマリーのエッセンシャルオイルを吸入したマウスのドーパミンレベルが上昇し、ストレスに対抗する力が強くなりました。[4]

ドーパミンは、幸せな感情や やる気を出すための物質です。ドーパミンの分泌を促してくれるローズマリーティーは、暗く沈みがちな気分を立て直すのにきっと役立つはずです。

ちなみに、ローズマリーティーの香りをかぎながら飲むと、セラピー効果が強くなるのでぜひお試しください。

「張り詰めた神経」をゆるめる

ローズマリーティーは寝る前の「張り詰めた神経」をゆるめる

不安やイライラを感じていると、筋肉が縮こまり、神経が緊張した状態になります。
緊張して力が入っていては、どうがんばっても心地よい眠りにつくことはできません。

 ローズマリーティーに含まれる成分には、緊張した神経組織に入り込み、ゆるませる作用があります。ストレスで凝り固まった筋肉をほぐし、眠りに入るための体勢へと導いてくれます。

実際にローズマリーティーを飲むと、5分ほどで体の力がすーっと抜ける感覚があります。

このローズマリーティーの作用は、心臓がドキドキして眠れない時にも有効です。

「痛くて眠れない」を助ける

不眠は、痛みが原因となることもあります。

背中が痛くて眠れない、または生理痛がひどくて眠れない、関節がズキズキするなど。

痛みは「細胞の炎症」や「筋肉のけいれん」によって引き起こされます。

ローズマリーティーには「抗炎症作用」「抗けいれん作用」があり、痛みの原因となる炎症やけいれんを鎮めてくれます。

 歯がズキズキして眠れない時には、ローズマリーティーに少量のクローブを混ぜて飲むと、局所麻酔になって良いですよ。

「鼻がつまって眠れない」を解消

鼻づまりがひどくて眠れない
咳が止まらない
痰がつまっていて呼吸がしづらい
息をするとゼーゼーする

そんな夜に役立つのは、ローズマリーティーの「去痰(きょたん)作用」です。

ローズマリーティーは、鼻や喉の奥につまっている粘液を動かし、排出するのを助けてくれます。

また、気道の筋肉をゆるめ、呼吸の通り道を広げる作用もあります。

 この作用は、ローズマリーにリコリスかタイムをブレンドすると、さらに効果を強めることができます。

「吐き気がして眠れない」を助ける

眠れない原因として意外と多いのは「胃もたれ」「胸やけ」「吐き気」です。

横になると胃液が上がってくるので、余計に辛いですよね。

寝る前に「胃がなんだかおかしいな」と感じる時には、そのままベッドに横になると吐き気が襲ってくることもあります。

まずは20~30分ほどかけてゆっくりと、ローズマリーティーを飲んでみましょう。

ローズマリーティーには消化を促進する作用があるので、胃もたれを解消し、吐き気を抑える効果があります。

 胃もたれの症状がひどい時には、ローズマリーにジンジャーをブレンドしてみてください。消化促進、吐き気止めの効果を強めることができます。

「疲れているのに眠れない」を解消

不眠症が長く続いていると、次第に体力が回復できなくなります。

疲れているのに眠れない

というのは、不眠症の症状の中でも一番深刻ですよね。

ローズマリーには、体に活力を与える成分が含まれています。

寝る前にローズマリーティーの成分を体内に取り込んでおくと、寝ている間の疲労回復のスピードを早めるのに役立ちます。

寝る前のローズマリーティー 効果的な飲み方

寝る前のローズマリーティー 効果的な飲み方

ローズマリーティーはノンカフェインなので、眠る直前まで飲むことができます。

しかしながら、気になるのがローズマリーティーの「利尿作用」です。せっかく眠りについても、トイレに起きてしまっては意味がありません。

そこでおすすめなのは、次のような飲み方です。

寝る前のローズマリーティーの飲み方

  • 寝る前に飲むローズマリーティーの量は1/2カップ (100ml) 
  • 夜のトイレが近い人は、2時間前までに飲み終えておく
  • 夜にあまりトイレに起きない人でも、1時間前までには飲み終えておく

私は夜にトイレに起きてもあまり気にしないタイプなので、寝る30分前まで飲んでいます。

それで毎回トイレに起きるかというと、そうでもありません。トイレに起きるのは、5回に1回くらいだと思います。

人それぞれの体質があるので、色々試してご自分に合った時間を探してみると良いと思います。

プラスアルファのコツ

寝る前のローズマリーティーでトイレに起きないために、こんなコツもあります。

ローズマリーティーを飲んだ後の+α

 ローズマリーティーを飲んだ後に軽くストレッチをすると、余分な水分を早く排出することができます。

 ストレッチのあとにはリンパを軽くさすり、老廃物の排出を助けましょう。

考えてみると、私がトイレに起きなかった日は、ローズマリーティーを飲んだ後にストレッチかヨガをしていた、というパターンが多いことに気がつきました。

ストレッチは上半身ではなく、下半身、特に内ももを中心によく伸ばす方が、余分な水分が出やすくなります。

個人差があるので、100%の方法ではありませんが、気が向いたらぜひ試してみてくださいね。

寝る前に飲みたい!ローズマリーのティーブレンドレシピ3つ

寝る前に飲みたい!ローズマリーのティーブレンドレシピ3つ

ローズマリー自体には「眠りをうながす作用」がないため、他のハーブとのブレンドが効果的です。

ここからは、質の良い眠りへと誘う、ローズマリーを使ったハーブブレンド3つをご紹介します。

  • ある程度の量がないとブレンドを作るのが難しくなるので、すべてのブレンドは「2杯分」で記載しています。
  • ブレンドはすべて、ドライハーブの分量になっています。
  • ハーブティーの作り方が分からない場合には「ドライハーブで美味しいハーブティーを入れる方法」の記事を参考にしてみてください。

ストレスに強くなる:ローズマリーとネトルのブレンドティー

レシピ

ローズマリー … 小さじ1/2
ネトル … 小さじ1/2
ペパーミント … 小さじ1

効能は?

  • 神経を健康な状態に戻す作用があるので、ストレスに強くなります。
  • ストレスが原因で胃腸が弱っていると、良い睡眠を妨げます。ペパーミントは寝ている間に胃腸の不調を整えてくれます。

どんな味?

すっきりとしたあと味/かすかな苦味/甘み/まろやか/かすかにスパイシー/とても飲みやすい

イライラ・不安を和らげる:ローズマリーとカモミールのブレンドティー

レシピ

ローズマリー … 小さじ1/2
カモミール … 小さじ1
バジル … 小さじ1

効能は?

  • 飲むと、イライラがすっと消えていきます。
  • 不安な気持ちや緊張を和らげ、気持ちが穏やかになるのをサポートします。
  • 即効性のある抗うつハーブティーです。

どんな味?

カモミールの香り/強い甘み/まろやか/飲みやすい

ローズマリーのリラックスティー

レシピ

ローズマリー … 小さじ1/2
レモンバーム … 小さじ1
レモンバーベナ … 小さじ1/2

効能は?

  • 抗うつ効果・リラックス効果が強力なレモンバーム、レモンバーベナを合わせました。
  • こちらも即効性があり、味も良いです。
  • 神経細胞に栄養を与え、強くします。少々のストレスでは応えない、強い心を作ります。

どんな味?

レモンの香り/甘み/まろやか/とても飲みやすい

さいごに

眠れない時には、

「なんとかして早く寝ないと!」

とは思わなくても大丈夫です。

ただ目を閉じているだけでも、体は休まります。

焦って呼吸が浅くなっていると思うので、できるだけゆっくりと深く呼吸してみてください。

5秒かけて吸って、5秒かけて吐き出す

簡単ですが、わりと効果があるのでぜひお試しを。

注意すること

不眠が慢性化して、昼間の生活に支障をきたすようなら、病院へ行くことも大切です。

また、ローズマリーティーを睡眠薬やその他の薬と併用しないようにだけ、ご注意ください。

 妊娠中の方・高血圧の方は、ローズマリーの使用に注意が必要です。

こちらの記事もおすすめです

スリープティー|就寝前のリラックスハーブティーの作り方

話題の瞑想の方法|ティーメディテーション【お茶でかんたん瞑想】

お風呂でスキンケア|ローズマリー・バスの作り方

【徹底比較】ローズマリーティーの味は?生と乾燥どっちが美味しい?