ハーブソルトでこすって焼くだけ!ジューシー「ロブチキン」の作り方

ハーブソルトで作るローストチキン

ハーブソルトで鶏肉をこすってから焼く「ロブチキン(rub=こする chicken)」に挑戦してみませんか?

ロブチキンは、鶏肉をふっくらと柔らかく仕上げる方法で、鶏肉料理のテクニックのひとつでもあります。

ロブチキンの味付けに必要なのは、ハーブソルトとバターだけ。本格ローストチキンを簡単・お手軽に作る方法をご紹介します。

ジューシーロブチキンの作り方

ジューシーローストチキンの作り方

前述のように、味付けはハーブソルトを鶏肉にこすりつけるだけで完了します。

さらに、鶏肉をふっくらとさせるために、本レシピでは「バター」を使います。焼く前に鶏肉にバターをかけると、鶏の表面がコーティングされ、皮はカリカリ・中はジューシーなローストチキンができあがります。

せっかくのオーブン料理なので、付け合わせの野菜も同時に焼いてしまいましょう。

Ingredients  ー材料ー

※2人分

鶏もも肉 … 2枚
・ じゃがいも … 1個
・ にんじん … 1本
・ バター … 20g
・ ハーブソルト … 小さじ1弱

Instructions ー作り方ー

 オーブンを180度に温めておきます。じゃがいも、にんじんは皮をむき、一口大に切ります。バターは600Wのレンジに20秒かけ、溶かしておきます。


 鶏肉のドリップをキッチンペーパーでよくふき取り、ハーブソルトをすり込みます。鶏の全面に、こするようにすり込んでください。


 で溶かしたバターの半分の量を、オーブン皿(またはオーブントレー)に塗ります。皿の中央に鶏肉を皮目を上にして置き、周りに野菜を並べます。


 残り半分のバターを鶏肉と野菜にかけたら、オーブンに入れます。


 オーブンで1時間焼いたら、温度を220度に上げ、鶏肉に焼き目が付くまでさらに15分焼きます。


 汁が透明になり、鶏肉にこんがりとした焼き目が付いたらできあがり。


Tips ーレシピのポイントー

 はじめは低めの温度でじっくりと鶏に火を通し、最後に一気に温度を上げて、表面をカリカリに仕上げます。

 オーブン皿に食材がこびりつくのを防ぐために、前もってお皿にバターを塗っておきましょう。残りのバターは食材の上からかけるようにすると、鶏や野菜がパサパサになるのを防ぐことができます。

 オーブンにはそれぞれのクセがあります。オーブンレンジだと、もう少し時間がかかるかもしれません。時々様子を見ながら、時間や温度を調節してみてくださいね。

ローストチキンにおすすめのハーブソルト

ローストチキンにおすすめのハーブソルト

王道はローズマリー、次におすすめなのはタイム

ローストチキンにおすすめなのは、やはり「ローズマリー」の入ったハーブソルトです。

ローズマリーは香りが強いので、臭みの出やすい鶏もも肉に一番適したハーブだと言われています。

ローズマリーの次におすすめなのは「タイム」です。こちらにも臭み消しの効果があり、ローズマリーよりも香りが優しいので使いやすいです。ローズマリーとタイムの両方を合わせてもおいしいです。

ミントはローストチキンを爽やかに、バジルやパセリならニンニクを加えて

意外なところでは、「ミント」の入ったハーブソルトも鶏肉によく合います。ミントソルトを使う場合には、焼く前にレモン果汁小さじ1ほどを鶏肉にかけて、爽やかなローストチキンにするのがおすすめです。

ハーブソルトによく入っている「バジル」「パセリ」ですが、ローストチキンに使うには、少し香りが穏やかすぎるかもしれません。その場合には、「すりおろしにんにく」をハーブソルトと一緒に鶏肉にこすりつけると、風味のあるローストチキンになります。

ローストチキン用ハーブソルトのレシピ

ローストチキン用ハーブソルトのレシピ

ハーブが手に入るなら、ぜひローストチキン用のハーブソルトを手作りしてみてください。市販のハーブソルトよりも香りが良く、おいしく仕上がります。

ローストチキン用に、おすすめのハーブソルトのレシピをご紹介します。ローストチキン以外でも、フライドポテトの味付けや魚のソテー、パスタやピザなどにも使うこともできます。

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量 100ml
※材料ハーブはすべてドライハーブです

ローズマリー … 小さじ2
・ バジル … 小さじ2
・ オレガノ … 小さじ1
・ ヒマラヤピンクソルト(他の自然塩で代用可)… 大さじ5

Instructions ー作り方ー

 すべての材料をよく混ぜたらできあがりです。

Tips ーレシピのポイントー

単独だと香りが穏やかなバジルですが、ローズマリーと合わせると、ローズマリーのツンとした強い香りをうまく和らげてバランスを整えてくれます。

ローズマリーとバジルのつなぎ役になっているのはオレガノです。オレガノは、どんなハーブとも相性が良く、香りのかけ離れたハーブ同士をうまくなじませてくれます。

こちらの記事もおすすめ

ハーブソルトは、野菜にもおいしく使うことができます。ぜひ野菜レシピも参考にしてみてくださいね。

 ハーブソルトがあれば「野菜だけ」でもうまくいく!簡単ハーブ料理の作り方

 ハーブソルトだけで味が決まる!ごちそうポテトサラダの作り方

【手作りハーブソルト】1種類からできる!おいしいハーブの組み合わせ