【美肌のハーブ】ローズヒップの効能4つと上手な使い方

ローズヒップの効能まとめ

ローズヒップ

ビタミンCを豊富に含むローズヒップは美肌のハーブです。シミ・そばかすに効果的です。

 多量摂取は下痢の原因となることがあるので注意しましょう。

ローズヒップの効能と使い方

ローズヒップの効能

基本情報

別名 Rosehips、ドッグローズ、イヌバラ
学名 
Rosa canina
分類 バラ科

主要成分
ビタミンC・B・E・K、ペクチン、タンニン、カロチノイド、フラボノイド
作用

緩下、利尿、収れん、保湿、抗酸化、強壮

ローズヒップはこんな不調におすすめ


 シミ、しわ、たるみ:美肌効果があり、シミやそばかす、しわやたるみに効果的です。


 栄養不足:ビタミン類を豊富に含むので、栄養補給源になります。


 便秘:タンニンが含まれるため、穏やかな下剤として働きます。


 痛み:腰や関節の痛みに有効に働くことが研究で明らかになりました。


ローズヒップの味と香り

ローズヒップとハイビスカスのブレンドが定番となっているため、ローズヒップティーは酸っぱくて赤い色をしていると思われがちですが、実際は酸味も赤い色もハイビスカスティーの特徴です。

ローズヒップティー単独で飲むと、無色でとろみがあり、ほんのりと甘い優しい味がします。

ハイビスカスとブレンドされるのは、「ローズヒップがハイビスカスの強い酸味を和らげるため」「ローズヒップとハイビスカスの両方に美肌効果があるため」などの理由です。

ローズヒップはフルーティーでおいしいハーブなので、ぜひハイビスカス以外のハーブともブレンドしてみてください。ミントやバジル、ローズマリーとのブレンドがおすすめです。

ローズヒップの使い方

ローズヒップは乾燥させて、お酒や酢、砂糖やオイルに浸けこむと使いやすくなります。

お酒に浸けこんだものは果実酒として楽しむことができます。酢に浸けこんだものはハーブビネガーとしてドレッシングやマリネに。砂糖に浸けこんだものはハーブシロップとしてフルーツソースのように使うことができます。オイルに浸けこんだローズヒップのハーブオイルは、リノール酸などを含む美肌オイルとして使うことができます。

ローズヒップってどんなハーブ?

ローズヒップはバラの実です。バラの品種には色々なものがありますが、ローズヒップに使われるのは主に「ドッグローズ」と呼ばれる品種のものです。

ドッグローズはヨーロッパ、アジア原産のバラで、ピンクや白の花を咲かせます。実(ローズヒップ)は秋に収穫され、「hips」と呼ばれます。

ローズヒップは伝統的にジャムやシロップ作りに用いられてきたハーブで、その栄養価の高さから、昔は貴重な栄養源となっていたようです。

ローズヒップの記事・レシピを検索  #ローズヒップ