【生理不順や不妊に】ローズの効能8つと上手な使い方

ローズの効能まとめ

ローズ

抗うつ作用により、落ち込んだ気分を明るくしたり、ストレスを和らげる効果があります。不妊や生理不順、生理痛にも効果的です。

 ローズに禁忌はありませんが、観賞用のローズを食べないようにだけ注意しましょう。

ローズの効能と使い方

ローズの効能

基本情報

別名 Rose、バラ、ガリカローズ
学名 
Rosa gallica
分類 バラ科

主要成分
精油、タンニン、フラボノイド、ゲラン酸、ペクチン、脂肪酸、ニコチン酸アミド
作用
鎮静、神経強壮、抗うつ、解毒、強肝、強肺

ローズはこんな不調におすすめ


 鎮静作用があり、落ち込んだ気分を和らげる


 コレステロール値を下げる


 収れん作用で毛穴を引き締める


 生理不順や生理痛の軽減


 利尿作用により、肌あれやむくみを軽減する


 生殖器系の不調の治療に使われ、不妊にも効果的


 肺と肝臓を強くする


 便秘やむくみの解消に役立つ


ローズティーの味と香り

ローズティーは、甘く優雅な香りが特徴です。味はクセがなくさっぱりとしています。

ローズティーの香りが強く感じる場合には、ラベンダーやローズヒップとブレンドすると、香りが和らいで飲みやすくなります。

ローズの使い方

ローズはエディブルフラワー(食用花)なので、生の花びらをそのままジャムやゼリーにしたり、デザート作りの材料に加えることができます。

ローズの実である「ローズヒップ」と合わせてハーブシロップを作るのもおすすめです。ローズシロップはヨーグルトやアイスクリームにかけたり、お湯で割れば即席のローズティーを作ったりすることもできます。

私が個人的におすすめするローズの使い方は、スキンケアハーブとして使う方法です。

ひとつかみのバラをお風呂に入れて作るハーブバス、バラの成分を抽出して作るハーブローションは、一度試してみると病みつきになる気持ち良さです。生でも乾燥したものでも作ることができるので、ぜひ挑戦してみてください。

その他には、ローズウォーターを作って、洋服や部屋にスプレーをしたり、飲み物に加えてバラの香りを楽しむのもおすすめです。

ローズってどんなハーブ?

ローズは、その見た目の美しさから有名になり、世界中に広まった植物です。

もともとは観賞用でしたが、アラブの医師Avicenna (980-1037 CE) がローズウォーターを考案したことから、美容やリラックスの用途でも使われるようになりました。

ローズから取り出したエッセンシャルオイルは、今でも高級品として取引されています。

ローズの記事・レシピを検索  #ローズ