朝のビタミン補給・口臭予防に|ディルときゅうりのハーブウォーター

ディルときゅうりのハーブウォーター

ディルときゅうりのハーブウォーター

目覚めの悪い朝におすすめの、すっきり美味しいハーブウォーターのレシピです。ディルの香りで脳が目覚め、頭がすっきりします。鉄分・カルシウム・ビタミンの補給にもなり、口臭予防にもなります。

ディルのハーブウォーターの作り方

ディルのハーブウォーターの作り方

Ingredients  ー材料ー

・ ディル(フレッシュ)… 1枝
・ きゅうり … 1/2本
・ ライム(スライス)… 1枚
・ 
・ グラス

Instructions ー作り方ー

 きゅうりは皮をむきひと口大に切ります。ディルは茎ごと、手で3~4等分にちぎっておきます。
 グラスに、きゅうり→ライム→ディルの順に入れていきます。
 水を注ぎ、ラップをします。
 冷蔵庫で一晩かけてじっくりと成分を抽出します。朝になったらそのまま直接、グラスから飲むことができます。

苦味を入れたくない方は、ライムの皮を取り除いてください。

ディルのハーブウォーターの効能

ディル

ディルは、料理に使われる定番のハーブです。魚料理との相性が良く、とても使いやすいハーブです。

とは言え、やはり余ってしまう時はあります。余ったディルは、ハーブウォーターにしてしまいましょう。

ディルには鉄分とカルシウムが豊富に含まれています。さらに、ディルのエッセンシャルオイルには、口臭を予防する作用があります。消化を促進し、ガスによる腹部の張りや、便秘を軽減する効果があります。

きゅうり

ハーブウォーターにきゅうりを使う時には、皮をむいた方がおいしくなります。きゅうりの種類にもよりますが、皮が入ると、苦く、青臭くなることがあります。このレシピでは皮をむきますが、お好みで決めてくださいね。

きゅうりにはビタミンCが豊富に含まれています。

「きゅうりはビタミンCを破壊する成分を含む」という説がありますが、実際のところは、きゅうりにそのような作用はありません。きゅうりと一緒に摂ったビタミンCは体内で破壊させることはないので、ご安心を。

ライム

ライムは、ビタミンCを豊富に含み、老化防止の作用があります。

ライムはハーブウォーターにぴったりのフルーツですが、「苦い」という欠点があります。

苦味が平気な方は皮ごと入れてください。苦味が苦手な方は、ライムの皮と実の間にある「ワタ」を取り除いてから使うことをおすすめします。

こちらの記事もおすすめ

ハーブウォーターの基本の作り方や相性の良い組み合わせをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

すっきりおいしい!ハーブウォーターの作り方|12レシピつき