ミントの使い方28通り|精油なしでできる!ミントの消費アイディア

ミントの使い方28通り

ミントを育てていると、成長の早さに驚かされます。
はじめはうれしく思うミントの成長は、そのうち悩みに変わっていきます。

「ミントの消費が間に合わず、ミントがかなりあまっている」という状況でも、なかなか捨てるわけにはいかないでよね。

ミントを大量消費しようとすると、ついつい1つの方法で大量に使おうとしてしまいがちです。しかし、無理に大量消費しようとすると、濃くなりすぎて具合が悪くなったり、体に悪影響が出ることがあります。

私自身、ミントの使い方に悩んだことがあります。その経験で学んだことは、「ミントは色々な方法で使いこなしていくのが一番良い」ということです。

この記事では、私がミントを大量消費したいと思った時に調べた方法をまとめました。

日本ではあまり知られていない方法や、アメリカで見聞きした方法を、よりシンプルなレシピにアレンジしてまとめています。

色々と試しているうちに、あれだけ余っていたミントが足りなくなるはずです。どれもシンプルで簡単な方法ばかりなので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

ミントの使い方辞典

ミントの使い方は、実はこんなにたくさんあるんです。気になるレシピからクリックして見てみてくださいね。

目次

1.ミントで安全に虫よけ
 ・ミントを「育てるだけ」で虫が減る
 ・ミントの鉢で取り囲む
 ・ミントの葉をまく
 ・キッチンの生ごみ対策
 ・サシェで枕元にくる虫をガード
 ・肌に直接こすりつける
 ・フレッシュミントの虫よけスプレー
2.お掃除に活用する
 ・ミント+酢でキッチンクリーナーを作る
 ・ミント+重曹でカーペット掃除
3.ドリンクをかわいく飾る
 ・いつもの飲み物にひとひねり
 ・ミントのインフューズドウォーター
 ・ミントのアイスキューブ
 ・フレッシュミントティー
 ・大量消費にはミントシロップ
 ・週末はミントのカクテルで乾杯
4.薬用効果を利用する
 ・口臭予防
 ・うがい薬
 ・しゃっくりを止める
 ・足の臭い撃退スクラブ
 ・日焼け肌のケア
 ・ミントのお風呂でおうちスパ
 ・ミントのフェイスマスク
 ・ミントのリンス
 ・鼻づまりの解消
5.料理に活用する
 ・ミントサラダ
 ・ミントバター
 ・ミントライス
 ・野菜のミント蒸し
 ・ミントのドレッシング

1.ミントで安全に虫よけ

ミント使い方:虫よけ

ミントは、ただ育てているだけで虫よけになります。ミントからサシェ(匂い袋)や虫よけスプレーを作って、好きな時に、好きな場所で使うこともできます。

市販の虫よけスプレーには発がん性物質が含まれています。子供やペットの肌に吹きかけるのは何だか気が進みませんよね。植物への農薬も、毒素が含まれているので使うのに躊躇してしまいます。

ミントは口に入れても安全な「食品」です。食品から作る虫よけ剤なら、安心して使うことができます。

どうしてミントが虫よけに使えるの?

私たちが害虫と呼ぶ虫(蚊やハエ、アリ)は、ミントの香り成分「メントール」が大嫌いです。葉を肌にこすりつけるだけでも、蚊はもうあなたの匂いに耐えられなくなって逃げていきます。

ミントが追い払えるもの

クモ、蚊、ハエ、ノミ、アリ、蚊の幼虫、ダニ、ねずみ、ペットのノミよけに。
ミントとタイムのミックスで、アブラムシ、野生のアライグマやシカの撃退にも役立ちます。

ミントは、ある程度まで虫を追い払うことができますが、駆除はできません。ミントの効果を強めるには、石けん水や消毒用エタノールと混ぜて使うという方法があります。

ミントを「育てるだけ」で虫が減る

ミントを育てているだけで、蚊やハエ、ネズミが家に侵入するのを防ぐ効果があります。

How to:ミントの鉢を、虫の侵入口となる玄関や窓際に置きます。

Tips:日当たりの良い場所かどうかも確認してから置くようにしましょう。日が当たるとミントがよく育ち、香りも強くなります。

ミントの鉢で取り囲む

庭で食事をする時や、蚊の多い季節に子供を外遊びさせる時には、ミントの鉢を使ってバリアを作ることもできます。

How to:大きくなったミントを株分けして、小さな鉢をいくつか作っておきます。食事エリアを取り囲むように鉢を置いていきます。

Tips:鉢がたくさんない場合には、次の「ミントの葉をまく」方法で食事エリアを取り囲むこともできます。

ミントの葉をまく

ミントの使い方:ミントの葉をまく

ミントの葉をふりかけることでも虫よけになります。

How to:ミントの葉を手で2~4等分にやぶり、虫よけをしたい場所にふりかけます。効果の持続は1時間~1時間半程度です。

Tips:簡単な方法ではありますが、風で飛んでいく可能性があることや、最後に掃除をする必要があるという点に注意しましょう。

キッチンの生ごみ対策

キッチンの生ごみから正体不明の小虫が出てくることってありますよね。生ごみにミントを振りかけておけば、虫の発生・増殖を食い止めることができます。

How to:ミントの葉を手でちぎり、香りを出します。ゴミの表面が軽く覆われる程度までミントをふりかけます。

Tips:ミントには消臭効果もあります。古代では棺桶に一緒にミントを入れ、腐敗の臭いを防いだとされています。

サシェで枕元にくる虫をガード

刻んだミントで作ったサシェ (匂い袋) を枕元に置いておけば、就寝時に邪魔をする虫を遠ざけることができます。ペットの寝床のそばに置けばノミよけにもなります。

How to:ひとつかみのフレッシュミント (or ドライミント) の葉を刻み、布で包みます。ミントがこぼれないように布の口をタコ糸で結びます。布は薄めのハンカチでも良いですし、出汁パックで代用することもできます。

Tips:フレッシュミントのサシェは当日のみの使用にとどめます。ドライミントのサシェなら、最大数か月の効果があります。香りがなくなったら、ドライミントに数滴の水分を足すと、再び香りが復活します。

ミントの葉を直接こすりつける

ミントの葉を直接肌にこすりつけるだけでも虫よけになります。すぐに虫よけが必要な時に便利です。ペットのノミよけも同様に、肌にこすりつけてあげるだけで効果があります。

How to:ミントの葉を手でふたつにちぎり、虫よけしたい箇所にこすりつけます。

Tips:ミントはこすることで香りが出ます。「肌にもみこむ」というよりは、「肌にこする」ように行います。

ミントの虫よけスプレー

市販の虫よけスプレーには発がん性物質が含まれています。子供にも安心して使えるように、ミントで安全な虫よけスプレーを手作りしてみましょう。

用意するもの:フレッシュミントの葉/柑橘類の皮(レモン・オレンジ・ライムなど)/スプレーボトル/消毒用エタノール

How to:1.柑橘類の皮をひと口大にカットし、ミントの葉と合わせて鍋に入れます。浸るくらいの水を入れたら、火にかけて沸騰させます。2.5分ほど弱火で煮たら火を止め、フタをしてひと晩置きます。朝になったらミントと皮をこします。3.できあがったミント水をスプレーボトルの半分程度まで注ぎます。ミント水と同量のエタノールを注ぎ、フタを閉めてよく振れば完成です。

Tips:柑橘類の皮とミントの量は基本は1対1で用意しますが、お好みで量を調節しても構いません。保存は冷蔵庫で、1~2週間で使い切ります。

Uses:肌にふきかけて蚊よけとして使ったり、アリよけとして床やドアにふきかけて使います。ガーデニング用の虫よけとしても使える万能スプレーです。

目次へ戻る

2.お掃除に活用する

ミントの使い方:お掃除に活用する

ミントをお掃除に使うと、同時に虫よけにもなります。お掃除後は部屋がミントの爽やかな香りで満たされて気持ちよいですよ。

ミント+酢でキッチンクリーナーを作る

ミントにお酢を混ぜると、キッチンクリーナーになります。ミントも酢も食べ物なので、まな板の除菌にも安心して使うことができます。

用意するもの:ふた付きのガラス瓶/ミントの葉と柑橘類の皮 (各ガラス瓶の1/4の量)/酢 (ガラス瓶の1/2の量)/スプレーボトル

Recipe:1.ミントは半日ほど、日の当たらない場所において水分を抜いておきます。ガラス瓶にミントと皮を入れます。2.酢を小鍋に入れ火にかけます。沸騰直前で火から下ろし、1のガラス瓶に注ぎます。3.2日たったらミントとフルーツの皮をこします。( ミントビネガーのできあがり) 4.できあがったミントビネガーと水を1対1で混ぜ、スプレーボトルに注ぎます。

Tips:このクリーナーが使えるのは、キッチンの作業台やガラス、鏡、お風呂のタイルです。木の床への使用は変色に注意してください。使用禁止なのは大理石・塗装されたドアや壁です。使う前に一度、目立たない場所で試してみることをおすすめします。

ミント+重曹でカーペット掃除

ミントに重曹を合わせると、カーペットの嫌な臭いや汚れを取る「カーペットクリーナー」として使うことができます。

用意するもの:ミントの葉・重曹

Recipe:1.ミントの葉を2~3日、日陰に置いてドライミントにしておきます。2.ミントと重曹を1:2で混ぜ(ミント1:重曹2)、カーペットに振りかけます。3.2~3時間置いたら掃除機で吸い取ります。

Tips:カーペットの臭いが気になる場合には、カーペット全体に薄くふりかけます。シミを取りたい場合には、汚れている箇所に集中的にふりかけます。

目次へ戻る

3.ドリンクをかわいく飾る

ミントの爽やかな香りは、ドリンク作りにぴったりです。

ミントのドリンクは、熱を加えずにただ浸すだけで作ることができます。お手軽なのでぜひ挑戦してみてくださいね。

ミントをドリンクに使うには

ミントの香り成分は水に溶ける性質を持っています。熱を加えなくても、冷たい液体にただ浸しておくだけで、ミントの香りをドリンクに移すことができます。

いつもの飲み物にひとひねり

ミントの使い方:ミントでひとひねり

いつも飲んでいる水やアイスティーに、ミントで「ひとひねり」を加えてみましょう。

Recipe:グラスにお好みの飲み物を注ぎます。ミントを1~2枝入れて、そのまま30秒待ったらできあがりです。

Tips:「お好みの飲み物」の例は、水、炭酸水、アイスティー、ハーブティー、アイスコーヒー、レモネード、コーラやスプライトなどです。レモンスライスを入れるのもおすすめです。

ミントのインフューズドウォーター

ミントで作るインフューズドウォーターには、肌にツヤを出したりニキビを改善する効果が含まれています。毎日の水分補給におすすめです。

Recipe:大きめのグラスを用意します。グラスの半分程度までミントをつめ、水を注ぎラップをします。冷蔵庫に一晩置いたらできあがりです。

Tips:色々な材料と組み合わせてアレンジすることもできます。ミント+ベリーミント+アップルミント+メロンという組み合わせもおいしいですし、他のフレッシュハーブとのミックスで作ることもできます。

ミントのアイスキューブ

ミントの使い方:アイスキューブ

氷を作る時には、ミントの葉を入れてみましょう。ちょっとしたホームパーティーに出してもかわいいアイスキューブができます。

Recipe:アイストレーにミントを入れ、水を注いで凍らせます。

Tips:小さく切ったイチゴやレモン、オレンジを加えるとカラフルな氷ができあがります。

フレッシュミントティー

ミント使い方:ミントティー

ミントを収穫したらすぐに楽しみたいのが「ミントティー」です。冷やしても、ホットのままでもおいしいです。

Recipe:ミントの葉4~5枚をマグカップに入れ、お湯200mlを注ぎます。5分待ったらできあがりです。

Tips:ハチミツやレモンを加えてもおいしいです。

大量消費にはミントシロップ

ミントの大量消費法としておすすめなのは「ミントシロップ」です。ミントシロップは、水で薄めればヘルシージュースになります。プレーンヨーグルトに混ぜても良いですし、スムージーに甘みを足す時にも使うことができます。意外な使い方では、卵焼きに入れる砂糖の代わりにすることもできます。

Recipe:ミント、砂糖、水をすべて各100mlずつ用意します。すべての材料を小鍋に入れて火にかけ、砂糖が溶けるまで混ぜたら火から下ろします。ふたをして20分待ち、ミントをこしたらできあがりです。

Tips:ミントシロップは普通に作るとベージュ色になります。着色料なしで色をきれいにしたい方は「きれいな色のミントシロップを作るには?」をお試しください。

ミントの使い方:ミントシロップ

週末はミントのカクテルで乾杯

ミントを収穫したら、ぜひカクテル作りに挑戦してみてください。自分でカクテルを作るのは想像以上に楽しいです。

Recipe:グラスに、ミントの葉8枚、ライム汁・砂糖各大さじ1を入れて、マドラー (or 木のスプーンの柄) でつぶします。氷→お酒→炭酸水の順にグラスに注げばできあがりです。

Tips:「お酒」をラムにすれば「モヒート」 に、ウォッカにすれば「モスコミュール」になります。

目次へ戻る

4.薬用効果を利用する

ミントの使い方:薬用を利用する

ミントは「薬用ハーブ」として、昔から体の不調を治すために使われてきました。ミントの薬用効果もぜひ活用してみてください。

口臭は「噛んで」抑える

口臭を抑えたい時には、わざわざミントガムを買う必要はありません。ミントを直接かめば口臭を抑えられます。ミントには抗菌作用・抗ウイルス作用があるので、虫歯や風邪の予防にもなります。

Recipe:ミントの葉1枚を手でやぶり、舌の上に置きます。エッセンシャルオイルが葉の裂け目から出てくるまで1、2秒待ってから噛みます。口全体に香りが広がったら、そのままミントを飲み込むか、口から出します。

Tips:ミントは直接かんでも案外おいしいです。苦手な方は、次にご紹介する「うがい薬」をお試しください。

子供にも安全なミントのうがい薬

市販のうがい薬には「飲んではいけない」成分が入っています。口の粘膜からも吸収されるので、子供に使うのはちょっと心配ですよね。少し手間はかかりますが、ミントでうがい薬を手作りしておけばコストも抑えられますし、安心して使うことができます。

Recipe:大さじ3杯の刻んだフレッシュミントに、500mlの熱湯をかけてよく混ぜます。ラップをして、あら熱が冷めるまで待ちます。茶こしでミントをこしたらできあがりです。

Tips:ミントのうがい薬に塩を混ぜると、帰宅後の風邪予防のうがい薬としても活用できます。塩入りうがい薬を作るには、小さじ1杯の塩を、コップ1杯のミント水に溶かします。うがい薬の効果や他のハーブのうがい薬のレシピは「ハーブのマウスウォッシュの作り方」に掲載しています。

しゃっくりを止めるミントドリンク

横隔膜のけいれんによって引き起こされる「しゃっくり」を止めるには、けいれんを抑える作用のあるミントを使ってみましょう。

Recipe:ミントの葉4~5枚をグラスの底でつぶします。コップ1杯のお湯を注ぎ、塩とレモン汁を入れてよく混ぜたらできあがりです。火傷をしないように注意しながら、一気に飲み干します。

Tips:ミントのインフューズドウォーターを一気飲みすることでも、しゃっくりを止めることができます。

足の臭い撃退スクラブ

足を洗っても臭いがなかなか消えない時には、ミントのスクラブを試してみましょう。

Recipe:みじん切りのミントの葉1/2カップに、海塩1カップ、オリーブオイル50mlを混ぜます。足をこすり、すすぎます。

Tips:お風呂場で行うとミントの葉の処理が大変かもしれません。部屋で行うこともできます:新聞紙を広げてスクラブをし、濡れタオルで足をふき取ります。

日焼け肌のケア

日焼けした後にシミができるかできないかは、日焼け後のケアにかかっています。濃いミントティーで作るミントローションで、日焼け後の肌を集中ケアしましょう。

Recipe:ミントの葉15枚を手でやぶり、耐熱容器に入れます。熱湯200mlを注ぎ、ラップをしてあら熱を冷まします。冷蔵庫で3時間冷やしたら、日焼け後の肌にコットンで優しくパッティングします。

Tips:ミントのローションは、手でまじませるよりも、コットンを使ってパッティングをする方が、肌をすばやく鎮静させることができます。肌が冷えてしっとりとしたら、乳液でお肌を整えてください。

ミントのお風呂でおうちスパ

スパに行く時間とお金がなくても、ミントがあれば格安でお家スパができます。

Recipe:ミントの葉ひとつかみをガーゼに包みます (ガーゼがなければ排水溝ネットでもOKです)。口をタコ糸で結び、お風呂に浮かべます。ミントの成分が出はじめる10分後に入浴します。

Tips:塩を加えたり、他のハーブとブレンドすることもできます。組み合わせの詳細は「ハーブバスの作り方」を参考にしてみてください。

ミントのフェイスマスク

採れたてのミントで贅沢なフェイスマスクを作ってみましょう。ミントには、毛穴汚れの除去、肌をなめらかにする、ニキビや吹き出物を減らす、肌荒れの改善、毛穴を引き締める、などの効果があります。

Recipe:ミントの葉6~7枚ときゅうり1/8をできるだけ細かく刻みます。ヨーグルト50mlとはちみつ大さじ1を加え、よく混ぜます。肌に塗って20分おいたら洗い流します。

Tips:とろみが足りないようなら、はちみつをさらに加えるか、小麦粉を混ぜてみてください。

ミントのリンス

頭皮の赤みを放っておくと脱毛の原因になります。ミントのリンスで早めにケアしましょう。

Recipe:ひとつかみのミントの葉を熱湯1カップに浸し、ラップをします。あら熱が冷めたらミントをすくい取り、手でにぎって汁をしぼります。シャンプー・コンディショナー後の最後のすすぎ湯として使います。

Tips:ミントリンスは香りが良いので、最後にお湯で洗い流す必要はありません。まとめると、[シャンプー] → [コンディショナーを毛先だけにつける] → [コンディショナーを洗い流す] → [ミントリンスを頭皮からかける] という使い方です。他のハーブとの組み合わせは、「ハーブリンスの作り方」を参考にしてみてください。

鼻づまりの解消

ミントの蒸気は、うっ滞や鼻づまりを解消する作用があります。

Recipe:ふたつかみのミントの葉を耐熱ボウルに入れます。熱湯2カップを注ぎ、バスタオルをかぶって、蒸気を鼻から吸い込みます。

Tips:途中で鼻水が出てきたら、それは悪いものが動き出しているサインです。出るものはすべて出し切ることで、体内がきれいになります。鼻水はかんで全て出しましょう。「ハーブスチームの作り方」も参考にしてみてください。

目次へ戻る

料理に活用する

ミントの使い方:お料理に使う

ミントは香りが強くて、どうお料理に使えば良いのかよく分かりませんよね。

ミントは生のままだとサラダとして食べることができますし、「ご飯に混ぜる」などの意外な使い方もあります。レシピをいくつか載せておきますので、気になったものからぜひお試しください。

ミントサラダ

いつものサラダにミントを少量ふりかけてみてください。爽やかな香りが生野菜とよく合います。ミントの花があれば、花びらをトッピングしてもかわいいですね。

Recipe:ミントを洗い、葉を刻んでサラダにふりかけます。

Tips:食べる前にサラダを大きくかき混ぜると、ミントの香りがふんわりと漂って食欲をそそります。刻んだレモンの皮を一緒に加えてもおいしいです。

ミントバター

トーストを食べる時におすすめなのがミントバターです。少量から作ることができるのがうれしいですね。

Recipe:バター1に対して、刻んだミント1/4の量を混ぜます。後はトーストに塗って焼くだけです。

Tips:多めに作った時には、1回分ずつに小分けにして冷凍しておくこともできます。ミントバターは、肉を焼く時の油の代わりに使ってもおいしいです。

ミントライス

ご飯の彩りをきれいにしたい時に使えるワザです。ミントにご飯は意外な組み合わせですが、バターと加えると味がなじみやすくなります。

Recipe:温かいご飯1膳分を用意します。ご飯の中央に穴をあけ、バター小さじ1、ミントの葉のみじん切り小さじ1を入れます。バターがご飯の熱で溶けてきたら、塩ひとつまみを加え、全体をよく混ぜてできあがりです。

Tips:ハンバーグとレタス、目玉焼きを添えて「ロコモコ」風にしてもおいしいですよ。

野菜のミント蒸し

欧米では、野菜を蒸す時にハーブを一緒に入れたりします。仕上げに塩こしょうを足すだけでコクと香りが豊かになります。ミントの葉は香りが移りやすいので、調理を終える直前に入れればOKです。

Recipe:蒸し料理を終了する2分前に、刻んだミントの葉を加えます。

Tips:ジャガイモやニンジン、サツマイモ、カリフラワーによく合います。タイムやディルと組み合わせて使うのもおすすめです。

ミントのドレッシング

ミントを使って、使い切りの即席ドレッシングを作ることができます。

Recipe:小皿に、オリーブオイルと酢を各大さじ1、塩こしょう少々、細かく刻んだミントの葉を小さじ1を加え、よく混ぜます。

Tips:酢をレモン汁に変えると酸味が優しくなります。

さいごに

ミントの気になる使い方は見つかりましたか?

レシピでご紹介しませんでしたが、レタスの代わりにサンドイッチに挟んだり、みじん切りにしてハンバーグに混ぜたりしてもおいしいですよ。

たくさんの方法をご紹介しましたが、何かひとつでも、あなたのお気に入りのレシピが見つかったのならうれしく思います。