【ひんやり美味しい】水出しミントティーの作り方|ホットティーとの違いも解説

水出しミントティーの作り方

水出しミントティー

ミントを水に浸すだけの、ひんやり美味しい水出しミントティー。作り方のポイントは「ライムをたっぷりと加えること」です。この記事では、サンフランシスコのレストランで飲んだミントティーを再現したレシピをご紹介します。

水出しミントティーの作り方

ミントティー水出しレシピ

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量 2杯分

 フレッシュミントの葉 … 大さじ2~ひとつかみ
 水 … 500ml
 ライムのスライス … 4~5枚
 ピッチャー、またはグラス

Instructions ー作り方ー

 ミントの葉をピッチャー(or 大きなグラス)に入れます。

point:ミントの葉を半分にちぎって軽くもんでおくと、香りが強くなりおいしくなります

ミントティー水出しレシピ:工程1


 ピッチャーの上まで水を注ぎます。

point:ミントと水の割合は、水500mlに対してミントを軽くひとつかみ程度が目安です。

ミントティー水出しレシピ:工程2


 ラップをし、冷蔵庫にひと晩おきます。

point:日中に作る場合には、6~8時間おいてください。

ミントティー水出しレシピ:工程3


 ミントをこしながらグラスに注ぎます。

point:この工程は省いてもOKです。ミントで飲みづらく感じる場合は、お好みでこしてください。

ミントティー水出しレシピ:工程4


 ライムとミント(分量外)を飾ればできあがり。

point:飾り用に新しいミントを用意すると、新鮮な香りがして、よりおいしくなります。

水出しミントティーレシピ


Tips ーレシピのポイントー

  • ミントの量は、正確に量る必要はありません。ざっくりと量るのがアメリカ流です。
  • ライムの皮から苦味が出てくるので、ライムを飾るのは飲む直前がおすすめです。

ライムをたっぷり添えて

水出しミントティーにはライムを添えて

サンフランシスコで飲んだミントティーには、たっぷりのライムが別皿で出てきました。「好きなだけ使っていいよ」という一言が、なんともおしゃれでした。

ご家族やお友達に水出しミントティーを作ってあげるときには、ぜひサンフランシスコ流に、たっぷりのライムを添えてみてください。

量は、2人分でライム1個分ほどだったと思います。くし切りになっていたので、しぼりやすかったです。

水出しミントティーとホットミントティーの違いは?

水出しミントティーとホットミントティーの違いは?

「ホットミントティーと作り方が全く違うけど、本当に栄養はあるの?」
「水出しティーとホットティーって何が違うの?」

などなど、水出しミントティーを作ると、多くの疑問が湧いてくると思います。

ここからは、水出しティーとホットティーの違いについて解説します。

味の違い

水出しミントティーは、ホットミントティーよりもかなりさっぱりとした味がします。

  • ホットミントティーの味:甘味、苦味、くすんだ味、コク、優しいミントの香り
  • 水出しミントティーの味:クリアな味、強いメンソールの香り、舌に残る冷却感、苦味がなく飲みやすい

ホットミントティーにはコクと甘みがあるのに対して、水出しミントティーには甘みはなく、メンソールの強い香りがします。

水出しミントティーは、言い換えれば「ミントウォーター」です。飲んでみると、「ミントの香りがついた水」に違い感覚です。水出しミントティーには、ホットミントティーにありがちな「苦味やえぐみ」「くすんだ味」が一切しないので、味はとてもおいしいです。

栄養価の違い

水出しミントティーにはエッセンシャルオイルがたっぷり

水出しミントティーには、ホットミントティーよりも多くの「エッセンシャルオイル(精油)」が含まれています。

実は、ミントの主な効能は、エッセンシャルオイルがもたらしている効能でもあります。つまり「ミントの代表的な効能 = ミントのエッセンシャルオイルの効能」ということです。

水出しミントティーは、見た目と味はあっさりしていますが、ミントの効能がしっかりと含まれています。

水出しミントティーの主な効能

  • 脳の働きを促進
  • 口臭予防
  • 消化促進
  • リラックス効果
  • 風邪予防

さらに、お湯を使わない水出しミントティーには、ホットミントティーよりも多くのビタミンCが含まれています。熱でビタミンCを破壊することがないので、自然のビタミンドリンクとしても活用することができます。

これほど美容と健康に良いのに、冷蔵庫に「放置」しておくだけで完成してしまうなんて、なんだかお得ですね。

さいごに

冷たい水出しミントティーは、熱い夏の日や寝起きの水分補給、お風呂上りのクールダウンにと、どんな時にでも飲むことができます。

さらに、まとめて作って保存しておくこともできます。ラップで香りが逃げないようにフタをして、冷蔵庫で保存できます。5日~1週間以内には飲み切っておきましょう。

フルーツを合わせれば、インフューズドウォーターとして楽しむこともできます。「ミントとブルーベリーのインフューズドウォーター」「バジル・ミントのインフューズドウォーター」のレシピが参考になります。