【冷え性や肩こりに】レモングラスの効能7つと上手な使い方

レモングラスの効能まとめ

血行促進作用により、冷え性や肩こりを和らげる効果があります。レモングラスの香りにはリラックス効果もあります。

 妊娠中は使用しないようにしましょう。

レモングラスの効能と使い方

レモングラスの効能

基本情報

別名 Lemongrass、西インドレモングラス、レモンガヤ
学名 
Cymbopogon citratus
分類 イネ科

主要成分
シトロネラール、フラボノイド、リナロール、ゲラニアール
作用

鎮静、血行促進、殺菌、健胃、駆風、消化促進、抗菌、抗真菌、消毒

レモングラスはこんな不調におすすめ


 疲労回復を助ける


 血行促進作用により、肩こりや冷え症を緩和


 消化を促進、お腹にたまったガスを排出する


 子供の消化不良による腹痛を軽減


 風邪やインフルエンザの発熱を抑える


 筋肉痛関節痛を和らげる


 リフレッシュ効果があり、脳の疲れを癒す


レモングラスティーの味と香り

レモングラスティーは、レモンに似たさわやかな香りが特徴的で、とても飲みやすいです。飲むと気分をリフレッシュさせてくれます。

レモングラスの使い方

レモングラスは、エスニック料理に欠かせないハーブです。レモングラスが使われていることで有名なのは、タイのスープ「トムヤムクン」です。爽やかな香りと臭み消しの効果があるため、煮込み料理におすすめです。

料理に使うときには、レモングラスの根本の部分を使います。ソースやスープ、煮込み料理に使い、肉や魚の臭み消しに利用しましょう。

ハーブティーに使うのは先端の柔らかい葉の部分です。乾燥させればカレーなどのスパイス料理に使うこともできます。

レモングラスってどんなハーブ?

レモングラスは熱帯地方に育つハーブで、日本では沖縄で栽培されています。沖縄以外の地域でも栽培することはできますが、温かい地方でないと花は咲かないのだそうです。

見た目は「ただの草」という感じですが、指で葉をこするとレモンのような香りがするので、すぐにレモングラスだと分かります。

殺菌効果がある上に、良い香りのするレモングラスは、デオドラントとしての使い方も人気です。冷蔵庫にレモングラスティーを冷やしておいて、汗をかいたらコットンに含ませて体を拭くと、体臭や汗臭さを取り除くことができます。

レモングラスの記事・レシピを検索  #レモングラス