【簡単】材料はたった2つ:バジルオイルの作り方

バジルオイルの作り方

バジルのハーブオイル

バジルとオリーブオイルの2つがあればすぐに作れてしまう、バジルオイルのレシピです。オイルを加熱することにより、通常のバジルオイルより簡単に、時短で作れます。パスタの仕上げに、サラダに、野菜のソテーにと、幅広く使うことができます。

バジルオイルの作り方

バジルオイルの作り方

Ingredients  ー材料ー

・ フレッシュバジルの葉 … 2カップ
・ オリーブオイル … 1カップ

Instructions ー作り方ー

 バジルをみじん切りにします。

バジルオイルの作り方1


 鍋にバジルとオイルを入れて火にかけます。沸騰する直前で火から下ろします。ふたをして、そのまま30分ほど置いておきます。

※ オイルを沸騰させてしまうと「バジル揚げ」になってしまうのでご注意ください。

バジルオイルの作り方2


 バジルをザルでこします。ザルに残ったバジルは、スプーンで押してオイルを絞り出します。

バジルオイルの作り方3


 あら熱が完全に冷めたら保存瓶に移し替えます。ふたをしっかりと閉め、冷蔵庫で保存します。(保存期間の目安:1週間)

バジルオイルの作り方4

レシピのポイント

水分を入れないように注意する

バジルオイルには極力水分を入れないようにします。水分が入ると、オイルの寿命が短くなります。使う道具(計量カップ、鍋、スプーン)は完全に乾いたものを使い、バジルの水分はよく切っておきましょう。

 保存瓶を煮沸消毒しておく

オイルはカビが生えやすいので、保存瓶を事前に煮沸消毒しておくことをおすすめします。

煮沸消毒の方法はこちら

バジルオイルの保存方法

 冷蔵保存:1週間

冷蔵保存の場合には、保存瓶を使います。完成したハーブオイルを瓶へ注ぎ入れて、完全にあら熱が冷めたらフタを閉めます。保存は冷蔵庫で、1週間を目安に使い切ります。

 冷凍保存:1~3ヶ月

バジルオイルは冷凍保存もできます。冷凍での保存は、アイストレーを使うと便利です。アイストレーに完成したオイルを流し込み、そのまま凍らせてください。凍った後はジッパー付き袋に移し替えると1~3ヶ月保存できます。

バジルオイルの使い方

バジルオイルと相性の良い食材は、トマトとチーズです。

カプレーゼやトマトソースの香り付けとして、大さじ1杯のバジルオイルを回しかけるのがおすすめです。

バジルオイルの使い方

他には、ピザ、サラダ、ディップソース、ドレッシング、ソテーや炒め物、スープの仕上げにかけたり、炒め油に使ったりなどなど、万能オイルとして活躍します。

クセがなく使いやすいオイルなので、ぜひ色々な料理に活用してみてくださいね。

バジルオイルの効能

オイルには、バジルのエッセンシャルオイルがよく溶け出します。バジルの美味しい風味と一緒に、バジルの効能もしっかりと摂ることができます。

 バジルの効能

抗うつ、抗菌、抗酸化、消化不良の改善、抗アレルギー

こちらの記事もおすすめ

今回ご紹介したバジルオイルの作り方は、フレッシュハーブを使う方法です。

ドライハーブを使えば、常温で最大6か月保存することができます。

ハーブオイルはスキンケアにも利用できます。ぜひ他のハーブでもハーブオイル作りに挑戦してみてくださいね。

料理やスキンケアに|基本のハーブオイルの作り方