ハーブウォーターのおいしい組み合わせ5つ|活用法や注意点もご紹介

ハーブウォーターとは、ハーブを水にひたして作る飲み物のことです。

ハーブティーよりもさっぱりとした味わいなので、暑い日やお風呂上がりにごくごく飲むことができます。

「さっぱりとした味わい」と言っても、味が薄いわけではありません。

ハーブの香り成分は通常のハーブティーよりも多く、ハーブの効能もしっかりと含まれています。

普段飲んでいる水をハーブウォーターに変えれば、体質改善に役立てることもできます。

この記事では、ハーブウォーターにおすすめの組み合わせハーブウォーターの活用法などをご紹介します。

美味しいハーブウォーターレシピ5つ

ハーブウォーターは、ハーブと水だけ作ることもできます。そこにフルーツを加えれば、自然な甘みが付いてとても飲みやすくなります。ぜひ色々な組み合わせで楽しんでみてくださいね。

ハーブウォーターの作り方

1 ハーブは軽く洗って茎を取りのぞきます。フルーツは皮をむいて、ひと口大に切ります。

2 ピッチャーに、お好みのフレッシュハーブ(1~2枝)とフルーツを入れます。

3 材料がひたるくらいまで水を入れたら、ピッチャーふたを閉め(またはラップをして)冷蔵庫にしまいます。

4 6~8時間たったらできあがり!グラスに注いでお召し上がりください。

01.ローズマリー × イチゴ

ローズマリーとイチゴのハーブウォーター

美肌のハーブ・ローズマリーで作るハーブウォーターは、内側からのスキンケアにおすすめです。

ビタミンCが豊富なイチゴと合わせれば、お肌への効果がアップするだけではなく、味もフルーティーになって美味しくなります。

02.タイム × レモン

タイムとレモンのハーブウォーター

喉がイガイガしてきたら、タイムのハーブウォーターの出番です。タイムには喉の炎症を抑える効果があり、殺菌・消毒作用もあります。

レモンを加えると、抗酸化作用が高まり、風邪予防にもなります。

レモンの皮の白い部分が苦いので、苦味が嫌いな方は取り除いてからハーブウォーターにしてくださいね。

03.ミント × バジル

ミントとバジルのハーブウォーター

ハーブだけで作るハーブウォーターは、とにかく爽やか。甘味がないので、水分補給にぴったりです。

ミネラルをたっぷりと含む、栄養満点のハーブウォーターです。

04.パクチー × オレンジ

パクチーとオレンジのハーブウォーター

あの独特な香りのパクチーも、実はハーブウォーターにできるんです。

パクチーのハーブウォーターは想像していたよりも香りが穏やかで、とても飲みやすいです。

パクチーには柑橘系がよく合います。オレンジやレモンなどを加えて、フルーティーな香りを足してみてください。

辛いのがお好きな方は、最後にお好みでハラペーニョを加えればよりおいしくなりますよ。

05.ミント × ブルーベリー

ミントとブルーベリーのハーブウォーター

ミントとブルーベリーのハーブウォーターには、フラボノイドがたっぷり。

お肌の乾燥や小じわの予防におすすめです。

ブルーベリーはしっかりとつぶして、成分を余すことなくいただきましょう!

ハーブウォーターの飲み方

ハーブウォーターの飲み方

運動後の水分補給に

ハーブウォーターにはビタミンとミネラルがたっぷりと溶け込んでいます。スポーツ後の疲労をすばやく回復し、体のほてりを抑えてくれます。

カクテルのベースに

カクテルをただの水や炭酸水で割る代わりに、ハーブウォーターで割ってみませんか?即席でフルーツカクテルができあがります。余ったハーブやフルーツを飾るとおしゃれなおもてなしカクテルにもなります。

ハーブウォーターの効能

ハーブウォーターの効能

ビタミン、ミネラルがたっぷり

ハーブウォ―ターには、ハーブやフルーツの水溶性成分であるビタミン・ミネラルが溶け出します。ハーブティーのように熱を加えないため、栄養素の損傷もありません。

エッセンシャルオイルがたっぷり

ハーブに含まれるエッセンシャルオイルは、熱に弱い性質があります。ハーブティーでは失いがちだったエッセンシャルオイルも、冷蔵庫で抽出するハーブウォーターならたっぷりと摂ることができます。

活力が得られる

フレッシュハーブには、デトックス作用促進し活力を与えてくれる成分が含まれています。そのため、運動後の疲労回復や、ダイエットウォーターとしておすすめです。

作る際の注意点

保存は冷蔵庫で

ハーブウォーターは、通常の水よりも傷みやすいです。飲み切れない場合には、常温に長く放置せずに、冷蔵庫に入れるようにしましょう。

冷蔵保存は3~5日まで

冷蔵庫に入れて保存する際には、なるべく早く飲み切ることをおすすめします。保存期間の目安は3~5日です。