自分で作るメディカルハーブティー|作り方+おすすめハーブ7選

自分で作るメディカルハーブティー|作り方+おすすめハーブ7選

「メディカルハーブティーは買うものだ」

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、メディカルハーブティーに使われるハーブは、手に入りづらいような特別なものではありません。

あなたのご自宅のハーブでも、作り方を変えればメディカルハーブティーになります。

この記事では、メディカルハーブティーの作り方とハーブの選び方を解説していきます。

いつもお金を出してメディカルハーブティーを買っていた方は必見です。

自宅で作るメディカルティー

自宅で作るメディカルティー

「メディカルティー」とは、体質改善を目的に飲むお茶のことです。

薬のように急激な作用はありませんが、それなりの期間をかけて飲み続ければ、不調の根本からの改善が期待できます。

しかしながら、市販のメディカルティーで体質を改善するには時間がかかります。

なぜなら、市販のメディカルティーは「万人向け」に作られているからです。

 万人向けにするためには、薬効よりも味が重視されます。おいしくないと売れないからです。

 さらに、敏感な体質の人のことを考えて、あえて効能の強いハーブを少なめに配合している場合もあります。あなたが特にハーブに弱くない場合には、その部分がもったいですよね。

自分で作るのであれば、必要なハーブを必要な分だけ使うことができます。

コストが抑えられる上に、効能を増やしたり減らしたりするのも自在です。

ブレンドはどうやって作る?

「メディカルティーはたくさんのハーブを使わなければいけない」

と思われがちですが、そうではありません。
ハーブは無理して組み合せなくても、1種類で十分な効果が期待できます。

もし複数のハーブの効能がほしければ、ハーブ辞典やハーブブレンドの本を買って調べてみると良いと思います。

また、おいしくて万能の効果を持つハーブもたくさん存在します。まずはそのようなハーブから挑戦してみると良いですよ。(記事後半で詳しくご紹介します)

ブレンドのコツはこちらの記事も参考になります↓
【自家製ハーブティーブレンドの作り方】相性の良い/悪い組み合わせとは?

自宅でも簡単!メディカルハーブティーの作り方

自宅でも簡単!メディカルハーブティーの作り方

それではさっそく、自宅にあるハーブでメディカルハーブティーを作ってみましょう。

用意するのはドライハーブです。フレッシュハーブだと含まれている水分が多いために、効能が弱まったり、正確な量が量れないという欠点があります。

もしご自宅にフレッシュハーブしかないという場合には、事前に乾かしてドライハーブを作っておいてください。

関連記事  ハーブの乾燥は意外と簡単!|3つの乾燥方法をご紹介

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量 250ml・1杯分

 ドライハーブ … 小さじ山盛り1杯
 水 … 250ml

Instructions ー作り方ー

作り方は、ドライハーブでハーブティーを作るときとほぼ同じです。ふたをしっかりと閉めることと、蒸らし時間を長めにするという点に気をつけましょう。

メディカルハーブティーの作り方


 ティーポットにハーブを入れます。


 水を沸騰させ、ハーブの上にかけるように注ぎます。


 ふたを閉めて15~30分間蒸らします。


 時間が来たら、ハーブを茶こしでこして、できあがりです。


Tips ーレシピのポイントー

抽出時間はお好みで調節

ハーブを蒸らす時間が長ければ長いほど、効能の強いハーブティーになります。その反面、味は飲みづらくなります。

はじめての1杯目は15分の蒸らし時間から始めてみることをおすすめします。


飲みづらく感じたら「+甘味」「+お湯」「+レモン汁」

メディカルハーブティーが飲みづらいと感じたら、はちみつや砂糖で甘味をつけたり、レモン汁でクセを和らげたりすることができます。または、お湯で薄めて飲んでもOKです。


メディカルハーブティーの適量

1日1~3杯を2週間続ける

メディカルハーブティーで効果を出したい場合には、少なくとも1日1杯は飲むように心がけてみましょう。

2週間ほど続けていると、効果が出ることが多いようです。

ただし、アレルギーを改善するなどの根深い部分を変えるような体質改善の場合は、効果を感じるまでに3ヶ月以上かかることもあるようです。

メディカルハーブティーにおすすめのハーブ7選

メディカルハーブティーにおすすめのハーブ7選

ここからは、メディカルハーブティーにおすすめのハーブ7つをご紹介します。手に入りやすいものを中心に選んでみました。ぜひハーブ選びの参考にしてみてくださいね。

1.ペパーミント

ペパーミントは、胃を強くする自然薬です。消化不良や胃の痛み、腸炎を和らげます。軽い風邪なら、自然の風邪薬として使うこともできます。発汗を促すことで熱を下げ、鼻づまりの解消の効果も期待できます。

禁忌・注意点:ありません。

2.ジンジャー/ショウガ

ショウガは、乗り物酔いによる吐き気、つわりの吐き気や嘔吐、胃のむかつきを和らげます。

風邪にはジンジャーティーにレモン汁とはちみつを合わせてみてください。菌を弱らせる効果、喉の炎症を和らげる効果が期待できます。

禁忌・注意点:ありません。

3.カモミール

世界で一番人気の不眠症のハーブ、カモミール。大人にも子供にも使うことができます。咳や気管支炎にも効果があるとされています。風邪の発熱、喉の炎症を和らげるためにもおすすめ。

禁忌・注意点:キク科植物にアレルギーのある人は摂取不可

4.レモンバーム

レモンバームは、イライラや落ち込み、悲しみを軽くする効果があるとされています。
味が良いのが特徴で、多くのティーブレンドに加えられています。

レモンバームはまた、緊張型頭痛、ストレス性不眠症、パニック障害、注意力欠如/多動性障害(ADHD)、子供の過度の興奮や落ち着きのなさにも有効なハーブです。

禁忌・注意点:長期間飲み続けると、ごくまれに甲状腺機能低下症になる可能性があります。

5.ローズヒップ

ローズヒップには、ビタミンCが多く含まれています。ビタミンCは、免疫力を強化し、皮膚や体の組織を健康に保つために必要な栄養素です。

原因不明の体のだるさが気になる時には、ビタミン剤に手を伸ばす前に、ローズヒップティーを飲んでみてください。

禁忌・注意点:ローズヒップには穏やかな下剤の効果があるため、長期、または過剰に飲み続けると下痢を起こす可能性があります。

6.ハイビスカス

ハイビスカスティーは、高血圧を正常値に戻し、ストレスを和らげ、体を酸化から守ってくれます。

メキシコでは、ハイビスカスは天然の肝臓・腎臓の薬、体重減少のハーブとして、多くの人に親しまれています。試験管実験では、多種類のバクテリアに対しての抗菌効果が実証済みです。

禁忌・注意点:ハイビスカスに禁忌はありませんが、妊娠中の大量摂取は避けてください。

7.セージ

多くの研究実験では、セージが認知機能を向上させ、アルツハイマー型認知症に有効であることが実証されています。

セージの脳への働きは、健康な成人にも効果があるとされ、記憶力の向上、集中力の維持が期待できます。

セージにはまた、結腸癌の発症を防ぐ効果が実証されている他、心臓を健康に保つというメリットもあります。

禁忌・注意点:妊娠中の使用は避けてください。

メディカルハーブティーの注意点

メディカルハーブティーは、通常のハーブティーよりも効果が強い分、副作用の影響も受けやすくなります。

ハーブを選ぶときには必ず「禁忌」も一緒に確認しておきましょう。

また、メディカルハーブティーを飲んでいて体に異常が現れた場合には、すぐに飲むのを中止してください。

その他のハーブの注意点については次の記事で確認できます。
ハーブを安全に楽しむために

私は、ハーブティーで体質を変えることに成功しました。あなたの不調も改善されますように、陰ながら応援しています。