【万能のハーブ】ハイビスカスの効能7つと上手な使い方

ハイビスカスの効能まとめ

ハイビスカス

肉体疲労や眼精疲労の回復を助ける強壮ハーブです。肌荒れやむくみをすっきりとさせる効果もあります。

 ハイビスカスに禁忌や注意点はありませんが、妊娠中は念のため多量摂取は避けるようにしましょう。

ハイビスカスの効能と使い方

ハイビスカスの効能

基本情報

別名 Hibiscus、ローゼル、ソゼリソウ
学名 
Hibiscus sabdariffa
分類 アオイ科

主要成分
アントシアニン色素、粘液質、ペクチン、ミネラル、クエン酸、リンゴ酸、アミノ酸、ハイビスカス酸、βカロチン、ビタミンC、アミノ酸
作用
利尿、代謝促進、血行促進、収れん、消化促進、緩下、眼精疲労の回復

ハイビスカスはこんな不調におすすめ


 コレステロール値・血圧を下げる       


 更年期の熱やほてり、汗を和らげる


 消化を促進し、胃もたれを改善する


 新陳代謝を高め、疲労を回復する


 利尿作用により、肌あれやむくみを軽減する


 眼精疲労や便秘の改善を助ける


 風邪の症状の回復を助ける


ハイビスカスの味と香り

ハイビスカスは酸味の強いハーブです。酸味の中に渋味が混ざっているので、ラズベリーに近い味がします。そのため、ハイビスカスティーに甘みを加えるとベリーティーのようになり、とてもおいしいです。

ハイビスカスの使い方

ハイビスカスティーは冷やして飲むのがおすすめです。メキシコでは冷たいハイビスカスティーは「ダイエットドリンク」として飲まれています。夏の暑い日にはレモン果汁も加えてビタミン補給・シミ予防もしましょう。

ハイビスカスは、ハーブティー以外にもジャムやパイ、ゼリーやシャーベットに使うことができます。葉はサラダとしても食べられています。

乾燥されたハイビスカスはハーブシロップハーブビネガーにすると、見た目も鮮やかでおいしく、プレゼントにもぴったりです。

ハイビスカスってどんなハーブ?

「ハイビスカス」という名前から、沖縄やハワイの花のハイビスカスのことだと思われがちですが、それらとは別の植物です。

ハーブに使われるハイビスカスは「ローゼル」とも呼ばれている植物で、茎もつぼみも深紅色というめずらしい見た目をしています。ハワイのハイビスカスと同じく、南国の暑い地域に生えています。

「ハイビスカスの花」として売られているハーブは、実は花の部分ではなく「つぼみ」の部分です。つぼみは肉厚で栄養価が高く、スーパーフードとして人気です。

ハイビスカスの記事・レシピを検索  #ハイビスカス