美肌やダイエットに|おいしいハーブスムージーの作り方

美肌やダイエットに|おいしいハーブスムージーの作り方

ハーブスムージーは、私はアメリカで出合った賢いハーブの摂り方のひとつです。

ハーブスムージーは、

 ハーブの栄養を丸ごと摂ることができる
 苦手なハーブティーを無理して飲む必要がなくなる
 腹持ちが良いのでダイエットに最適
 簡単に作れる

などなど、良いことがたくさんあります。

「ハーブティーしか作ったことがない」という方はぜひ、良いことだらけのハーブスムージーに挑戦してみてくださいね。

フレッシュ・ドライのどちらのハーブを使う?

フレッシュ・ドライのどちらのハーブを使う?

ハーブスムージーを作る前に、一番気になるのが「家にあるハーブでも作れるのか」という点だと思います。

ハーブスムージーには、ほとんどのハーブが使えます。
フレッシュハーブ、ドライハーブ、甘いハーブ、苦いハーブ、柔らかいハーブ、硬いハーブなど。

ただし、苦いハーブは量を控えめに、硬いハーブは一度ハーブティーにしてからミキサーに入れるなどのちょっとした工夫は必要です。

ハーブスムージーに使えるハーブの例

お料理用のフレッシュハーブ:ミント、バジル、オレガノ、レモンバーム、パクチー(シラントロ)、チャイブ、タンポポの葉(ダンデライオンリーフ)も使えます!

ハーブティー用のドライハーブ:ハイビスカス、カモミール、ローズヒップ、レモンバーベナ、レモングラス、ネトルなど。すでにブレンドされたティーバッグでもOKです。

ハーブスムージーの作り方は2通り

ハーブスムージーにはフレッシュハーブ・ドライハーブの両方が使えるとお伝えしました。しかしながら、両方が同じ作り方ではありません。

 フレッシュハーブのスムージーを作るには
 → フルーツや野菜と一緒にミキサーにかける

 ドライハーブのスムージーを作るには
 → ハーブティーにしてから、フルーツや野菜と一緒にミキサーにかける

ハーブスムージーの大枠が分かったところで、今度は詳しい作り方やイチオシのハーブスムージーレシピを見ていきましょう!

フレッシュハーブのスムージーの作り方

フレッシュハーブのスムージーの作り方↑タンポポの葉で作ったスムージー。苦いのでバナナを加えてマスキングします。

フレッシュハーブのスムージーは、普通のスムージーと同じ方法で作ります。

「普通のスムージー」とは、いわゆる「野菜ジュース」や「手作りフルーツジュース」と同じ作り方です。

もうすでに「我が家のスムージーレシピがある!」という方は、いつものスムージーにフレッシュハーブを加えるところから始めると良いですよ。

Ingredients  ー材料(3~4杯分)ー

・ フレッシュハーブの葉 … 軽くひとつかみ程度
・ フルーツ(ひと口大に刻んだもの) … 1カップ
・ 水 … 1カップ
・ 甘味(砂糖やハチミツなど) … 大さじ1

フレッシュハーブの量ですが、ハーブによって葉の大きさが違うため「軽くひとつかみ」と記載しました。

私は、ミントの葉なら8枚程度入れますが、バジルのような大きな葉なら3~4枚しか入れません。

また、苦味の強いローズマリーやセージを加える場合には、ほんのちょっとで十分です。

ローズマリーならほんのひとつまみセージなら葉を1枚程度です。

苦手なハーブを入れるときには、牛乳やヨーグルト、バナナなどのもったりとしたものを加えると、味が良くなります。

Instructions ー作り方ー

 すべての材料を1分間ミキサーにかけます。

 味見をして、甘みが足りなければ「甘味」の材料を追加します。

ドライハーブのスムージーの作り方

ドライハーブのスムージーの作り方↑ハイビスカスティーで作ったスムージー。色がかわいいですよね!

ドライハーブでスムージーを作る場合には、一度ハーブティーを作ってから冷やす、というひと手間が必要になります。

とはいえ、苦手な味のハーブティーをおいしく消費することができるので、かなりおすすめです!

Ingredients  ー材料(3~4杯分)ー

・ ハーブティー … 1カップ
・ フルーツ … 1カップ
・ 甘味(砂糖やハチミツなど) … 大さじ1

上記のレシピに、さらにレモン汁(小さじ1~2)や牛乳(50ml程度)などを加えても美味しいですよ!

Instructions ー作り方ー

 ハーブティーを作り、冷蔵庫で冷やしておきます。

 すべての材料を1分間ミキサーにかけます。

 味を見て、甘味をさらに追加します。味のクセが強いようならレモン汁や牛乳を加えます。

おすすめのスムージーレシピ

ここからは、私のインスタグラム@herbs_onmeで人気だったハーブスムージーのレシピをご紹介します。

ハイビスカスとバジルのスムージー

ハイビスカスとバジルのスムージー

Ingredients  ー材料(1~2杯分/約300~400ml)ー

[ハイビスカスティーの材料]
・ 
ハイビスカス(ドライハーブ)… 小さじ山盛り1杯
・ 水 … 1カップ
[スムージーの材料]

・ イチゴ … 10~12個
・ バジルの葉 … 3~4枚
・ はちみつ … 大さじ1

Instructions ー作り方ー

このレシピは、事前にハイビスカスティーを作って冷やしておく必要があります。朝にスムージーを飲む場合には、前日までにレシピの工程1の手順でハイビスカスティーを作っておきましょう。※ ハイビスカスティーは冷蔵庫で5日間保存することができます。

 ハイビスカスティーを作ります:ハイビスカスと水を小鍋に入れ、火にかけます。沸騰したら火を止め、鍋のふたをして10分間待ちます。茶こしでハイビスカスを取りのぞいたら、グラスに移してラップをし、冷蔵庫で30分以上冷やしておきます。

 スムージーを作ります:イチゴはヘタを取りのぞいておきます。バジルは軽く洗って水気をふき取ります。[スムージーの材料] を合わせ、30秒ほどミキサーにかけたらできあがりです。

ミキサーにかけた直後は泡が立っていますが、5分ほどで自然に消えます。もしすぐに飲みたい場合には、泡の部分をスプーンですくっておくと口当たりが良くなります。

また、イチゴが余っているときには、冒頭の写真のようにイチゴを半分に切ってグラスに飾ってみるとかわいいですよ。

ミントとアボカドのスムージー

【子供でも飲みやすい】アボカドとミントのスムージー

ビタミンA・C・E、鉄分、カリウム、不飽和脂肪酸、葉酸などの栄養素が含まれているスムージーです。腹持ちが良いので、朝ごはん代わりに飲めばお昼までお腹が空きません。ダイエットにもぴったりです。

Ingredients  ー材料(1杯分)ー

アボカド … 1個
ミント … 6~8枚
氷(または水) … 1/2カップ(100ml)
牛乳 … 1/2カップ(100ml)
はちみつ … 小さじ1

Instructions ー作り方ー

 ミントは軽く洗い、茎を取り除きます。アボカドは皮をむき、ひと口大に切ります。

 材料をすべて合わせ、なめらかになるまでミキサーにかけたらできあがり。

ミントの葉は、小さめのものなら8枚、大きめのものなら6枚入れてください。

茎は青臭さを強めてしまうので取り除きます。茎は捨てずに、お肉やスープの香りづけに利用してみてください。

はちみつの量

本記事のレシピは甘さ控えめです。特に甘党でなければちょうど良いくらいの甘みだと思います。
しっかり甘くした場合には、はちみつの分量を「小さじ2~大さじ1」に変更してみてください。

毎朝の新習慣として、ぜひハーブスムージーを始めてみてくださいね!