簡単!入れるだけ!ハーブの冷凍保存法を徹底解説

「ハーブを買うといつも最後まで使い切れない」

ということはありませんか?

ハーブは1度にたくさん使うものではないため、どうしても残ってしまいますよね。

残ったハーブはしっかりと保存をしておけば、ダメにすることなく長く楽しむことができます。

今回は、ハーブを新鮮に近い状態で長期保存できる「ハーブの冷凍保存」について詳しく解説していきます。

※ ハーブの保存法のまとめ記事はこちら
 ハーブの保存は手抜きでOK|おいしく長持ちさせる方法

ハーブの冷凍方法にはどんなものがある?

ハーブの冷凍方法は、3通りあります。

ハーブの冷凍方法3つ

1 水と一緒に凍らせる(ハーブの氷)

2 オイルと一緒に凍らせる(ハーブオイルの氷)

3 そのまま凍らせる(冷凍ハーブ)

上の方法の1と2は同じ作り方なので、まとめてご紹介します。

ハーブを氷で保存する

ハーブの氷の作り方

まずご紹介するのは「ハーブの氷」です。

ハーブの氷は、製氷皿にハーブとお好みの液体(水、オイルなど)を入れて凍らせるという方法です。

ハーブを氷にすると液体にガードされてハーブが空気に触れないため、ハーブの酸化や乾燥を防ぐことができます。

ハーブの氷の良いこと

炒め物やスープなどの料理にそのまま投入できる
スムージーに加えてミネラルを補給
アイスティーやジュースに加えれば手軽にハーブの風味を楽しめる

 ハーブの氷に使える液体

水、オリーブオイル、サラダ油、ごま油、ハーブウォーター、ハーブティー、ジュース、紅茶など

フルーツやレモンの輪切り・フルーツ果汁・ニンニクのみじん切りを加えたり、他のハーブとミックスして凍らせたりと、色々な組み合わせで楽しむことができます。

↑ イチゴとミントのアイスキューブ

↑ 左から:バジル、ローズマリー、ディルとニンニクの氷

ハーブの氷の作り方はいたって簡単です。ハーブの葉を製氷皿につめてオイルなどの液体を注ぐだけ。

ジンジャーなどの硬いハーブはみじん切りにしてから製氷皿に入れます。

製氷皿の1マスあたりに入れるハーブの量を「大さじ1」にすると、お料理にも使いやすいですよ。

ハーブのアイスキューブの作り方

完成した氷はジッパー付き保存袋に入れておきましょう。保存期限の目安は3か月です。

冷凍ハーブの作り方

冷凍ハーブの作り方

冷凍食品のコーナーで見かける「冷凍ほうれん草」「冷凍グリンピース」のように、ハーブも冷凍できたら便利ですよね。

ここからは、冷凍ハーブの作り方をご紹介します。

どんなハーブがおすすめ?

冷凍ハーブに合うのは、葉が肉厚で硬いハーブです。

薄い葉を持つミントやバジルでもできないことはないのですが、袋の中で粉々になって使いづらいなと感じます。
葉が薄ければ香りが抜けるのも早くなるので、できれば上でご紹介したような氷にして、空気に触れないようにガードするのがおすすめです。

 冷凍ハーブにおすすめのハーブ

葉が丈夫なハーブ:ローズマリー、タイム、ディル、ローリエ、レモングラス(茎の部分)、ラベンダー、ジンジャー、ターメリックなど

冷凍ハーブの作り方

1 フレッシュハーブを洗い、キッチンペーパーやサラダスピナーを使って水分をよく飛ばします。(できればそのまま30分以上おいて自然乾燥させます)

2 をジッパー付きビニール袋に入れます。袋の口をしっかりと閉めたら、冷凍庫で保存します。

3 保存期間は3ヶ月です。

冷凍のポイント

冷凍ハーブは、葉だけでも良いですし、枝ごと保存袋に入れてしまってもOKです。

ジンジャーやターメリックのようなハーブであれば、薄切りにして保存しましょう。

冷凍ハーブの使い方

冷凍ハーブは凍ったまま使います。

例としては、トマトのパスタソースを煮立たせるときに大さじ1ほどの冷凍ハーブを振りかけて、加熱しながら混ぜて香りを出します。

炒め物にも凍ったまま投入してください。バジルやミントなどの葉物ハーブであれば、炒め物が完成する30秒ほど前に投入して香りを出せば十分です。ミントやバジルはアジア系の炒め物にぴったりですよ。

レシピを見て作るときには、レシピの材料欄のフレッシュハーブの分量よりも気持ち多めの分量で使ってみてくださいね。

関連記事  【ご飯が進む】バジルと豚肉のにんにく醤油炒め

冷凍後はどうなる?

巷のハーブの冷凍方法でほぼ公開されていないのが

「ハーブを冷凍するとどうなるのか」
「本当に香りは残っているのか」

ということですよね。

結論から言ってしまえば、ハーブは冷凍させると質は落ちます。やはりフレッシュハーブと全く同じというわけにはいきません。

それでも、家庭料理で使う分には全く支障はないです。

「しっかりと加熱して香りを出すこと」にさえ気を付けていれば、フレッシュハーブと大差なしに料理に活用できるはずです。

冷凍後のハーブはどうなる?

 少し色あせる
 食感が悪くなる(柔らかくなる)
 熱を加えれば香りは復活する
 香りが多少弱くなる

下の写真は冷凍後のタイムとローズマリーです。

タイムは冷凍前と比べてもあまり色の変化がありませんでした。一方ローズマリーは、冷凍後は黒ずんでしまいました。

(左)タイム、(右)ローズマリー

ローズマリーは色がくすんでいますが、料理の飾りに使うのでなければ問題ありません。鶏肉やポテト料理に使ってみてください。

関連記事  柔らかジューシー|ローズマリーとレモンのチキンソテーのレシピ

ただし、冷凍ハーブの「ハーブティー」はちょっと微妙だなと感じました。味と色がダイレクトに来るからでしょうか。冷凍だと気分が萎えます。

ハーブティー好きの方は、思い切って乾燥させてしまうのがおすすめです↓

ハーブの乾燥は意外と簡単!|3つの乾燥方法をご紹介

冷凍保存の注意点

ハーブを冷凍したら、次の点に気をつけましょう。

冷凍庫の奥の方にしまう

扉の開け閉めによって、冷凍庫の温度は想像よりも急激に変化します。ハーブは冷凍庫の奥の方に入れておくのがおすすめです。温度の上がりやすい手前側で冷凍させるのは避けましょう。

早く使い切る

冷凍ハーブは3か月たっても使うことができます。とはいえ、日が経つごとにハーブの苦味が強くなっていきます。3か月ギリギリまで冷凍しておかずに、できるだけ1ヶ月以内に使うようにすると、ハーブをおいしく消費できます。