失敗しないハーブティー選び|人気順、おいしい順、効能別に12ハーブをご紹介

ハーブティーランキング|人気順、おいしい順、効能別に12ハーブをご紹介

ハーブティーランキング

ハーブティーの種類が多すぎて、どれを選んだらいいのか迷っていませんか?
初心者でも失敗しない、おすすめのハーブティーを人気順・おいしい順・効能別にご紹介します。ぜひハーブティー選びの参考にしてみてくださいね。

ハーブティーランキング|人気順、おいしい順、効能別

※ 下の画像をクリック/タップすると大きくなります。

ハーブティー おいしい順 人気 効能別 美肌 リラックス

人気順で選ぶハーブティー

ハーブ売り場の店員さんに聞いた人気のハーブ「ハイビスカス、ミント、カモミール」は、ハーブティーレッスンの生徒さんに聞いてもやはり「好きなハーブ」として名前が挙がりました。ハーブティー好きの人、ハーブティーに慣れていない人のどちらからも人気のあるハーブです。

ハイビスカス

人気のハーブ:ハイビスカス

 ハイビスカスの効能

[効能] 老化防止、がん予防、毒素排出、疲労回復効、夏バテ防止、ダイエット、美肌効果、二日酔いの緩和、視力回復
[注意点] 安全なハーブですが、念のため妊娠中の飲用は控えめにしましょう。

優れた美肌効果を持つハイビスカスは、女性・男性を問わず人気があります。

多くのトップアスリートが毎日ハイビスカスティーを愛用していると宣言したことから、ハーブ売場では、ハイビスカスだけが品切れになっていることもしばしば。

疲労をすばやく回復し、体のだるさを取り除く効果、老化防止、ガン予防の効果があります。また、南国生まれのハーブのため、夏バテを防ぎ、紫外線によるシミや毛穴の開きの改善、ほてりを和らげるなど、夏の不調を改善する力にも優れています。

おすすめレシピ グラデーションがきれい!ハイビスカスで作る華やかハーブドリンク

ミント

人気のハーブ:ミント

 ミントの効能

[効能] 免疫力を高める、抗うつ効果、リラックス効果、脳の覚醒効果、腹痛・胃痛の緩和、花粉症・鼻づまり・鼻水の緩和
[注意点] 禁忌のない安全なハーブです。ただし、6か月未満のお子様には与えないようにご注意ください。

スーパーでも手に入りやすく、すぐ育つ、そして味も美味しいミントは、絶大な人気を誇っています。

胃もたれに対する効果が強く、ミントティーがあれば、胃薬の常備薬はいらなくなります。

ミントティーは、ドライよりも、フレッシュミントを使うのがおすすめ。フレッシュミントティーには、口臭予防、脳の覚醒効果があります。

おすすめレシピ  ミントと紅茶で作るブラックミントティー

カモミール

人気のハーブ:カモミール

 カモミールの効能まとめ

[効能] 気分を落ち着かせる、寝つきを良くする、胃痛・腹痛を緩和、風邪の症状の緩和
[注意点] キク科植物にアレルギーのある方は避けてください。

カモミールは、世界で一番多く消費されているハーブティーです。

カモミールの良いところは何と言っても「子供にも使えること」。6か月以降から、赤ちゃんにも使うことができます。

カモミールティーは、子供の風邪やかんしゃく、寝つきの悪さ、栄養の偏りなどに役立ちます。

おすすめレシピ  カモミールティーが子供に効いた!|寝つきを良くする方法・子供向けレシピをご紹介

おいしさで選ぶハーブティー

ハーブティーを続けるには「おいしいこと」は何よりも大切です。おいしくないものを無理して飲んでいては、ストレスのせいで効能が逆効果に働いてしまいます。ここからは、味が良く初心者の方でも抵抗なく飲めるハーブティー3つをご紹介します。

レモンバーム

おいしいハーブティー:レモンバーム

 レモンバームの効能

[効能] 抗うつ作用、ウイルスに対抗する、胃もたれ・胃痛の緩和、疲労回復、滋養強壮、免疫力を高める
[注意点] 大量に、または長期間に渡って飲み続けると、ごくまれに甲状腺機能低下症になる可能性があります。

柑橘フルーツではないのに、なぜかレモンの香りのする不思議なレモンバームは、ただ匂いをかぐだけでもリラックス効果が得られます。ハーブティーにすると「緑茶+レモン」のような味で、とてもおいしいです。

レモンバームの効能は「万能」と言われており、体中の臓器を強くし、免疫力を高めてくれます。

チックウィード

おいしいハーブティー:チックウィード

 チックウィードの効能

[効能] ミネラルを豊富に含む、浄血作用、肥満防止効果、美肌効果、デトックス作用、関節痛の緩和
[注意点] 注意点のない、安全なハーブです。

チックウィードは、日本名では「はこべ」です。

チックウィードティーは緑茶にそっくりな味がするので、ハーブティーを飲んでいるような感覚になりません。

朝食の後に、緑茶の代わりにチックウィードティーを飲むのが私の新しい日課になりつつあります。甘いおやつにもよく合いますし、和食にも合います。

レッドクローバー

おいしいハーブティー:レッドクローバー

 レッドクローバーの効能

[効能] 更年期障害の緩和、乳がんを予防、美肌効果、咳を抑える
[注意点] 妊娠中の使用、子供への使用は避けてください

レッドクローバーは日本名で「ムラサキツメクサ(アカツメクサ)」です。

どこでも見かけるあの雑草がおいしいハーブティーになるなんて、なかなか想像が付きませんが、レッドクローバーティーはとてもおいしいです。

レッドクローバーティーは、花で作るか、葉で作るのかで味が変わります。私はどちらかというと、花のハーブティーの方が好きです。

花を使うと:甘くてまろやかなハーブティーに
葉を使うと:優しいグリーンテイスト(緑茶のような味)のハーブティーに

おすすめレシピ  ミントと紅茶で作るブラックミントティー

美肌効果で選ぶハーブティー

若返り、スキンケア効果のためにハーブティーを始めてみようと思う方には、次のハーブがおすすめです。

ダンデライオン/タンポポ

美肌効果のあるハーブ:ダンデライオン

 ダンデライオンの効能

[効能] 強いデトックス効果、ダイエット効果、シミの排出を助ける、便秘や貧血の改善、母乳の出を良くする、糖尿病や高血圧を緩和
[注意点] キク科植物にアレルギーのある人は避けてください。

ダンデライオンは、数あるハーブ中でも上位に入るほどのデトックス効果を持っています。

くすみやシミ・加齢の原因となる老廃物を排出し、肌をなめらかにし、体重を減らす効果があります。

特にデトックス効果が強いのは、ダンデライオンの根の部分です。炒った根が「ダンデライオンコーヒー」として売っているので、ぜひ探してみてくださいね。

ダンデライオンはハーブティーにすると苦味が強いので、ハーブビネガーにして摂るのもおすすめです。

おすすめレシピ  デトックス・ダイエットに|ダンデライオンのハーブビネガーの作り方

ローズヒップ

美肌効果のあるハーブ:ローズヒップ

 ローズヒップの効能

[効能] ビタミンCを豊富に含む、シミ・そばかす、しわやたるみの緩和、関節炎の緩和、便秘の解消
[注意点] 大量に摂取すると下痢の症状が出ることがあるのでご注意ください。

味がおいしいことでも知られているローズヒップには、柑橘類に劣らないほどの、豊富なビタミンCが含まれています。

強力な抗酸化作用があり、老化を防止、肌のシミ・しわの改善、若返りの効果があります。

ローズヒップがよくハイビスカスティーとブレンドされているのは、ローズヒップがおいしい上に、強い美肌効果があるからです。ハイビスカスの酸味を、ローズヒップの優しい甘みで和らげることができます。

ジンジャー/ショウガ

美肌効果のあるハーブ:ジンジャー

 ジンジャーの効能

[効能] 強い抗酸化作用、アンチエイジング効果、がん予防、風邪やインフルエンザの解熱・症状を軽くする
[注意点] 注意点のない安全なハーブです。

日本では、食べ物としてイメージが強いショウガですが、老化防止のおいしいハーブティーにもなります。

ジンジャーティーにはかなり強力な抗酸化作用があるため、美肌効果やアンチエイジング効果はもちろんのこと、ガン予防や風邪予防の効果もあります。

老化の原因となるフリーラジカルの生成を抑えるので、肌の内側からの若返り効果が期待できます。

おすすめレシピ レモングラスのジンジャーシロップ|風邪の初期症状に

リラックス効果で選ぶハーブティー

「リラックスのためにハーブティーを飲む」という方も多いのではないでしょうか。リラックスティーは張りつめた神経をゆるめる作用があるので、肩こりや不眠にも効果があります。

レモンバーベナ

リラックスハーブ:レモンバーベナ

 レモンバーベナの効能

[効能] 高ぶった神経を落ち着かせる、頭痛や神経痛の緩和、吐き気を抑える、気分を明るくする
[注意点] 妊娠中の摂取は控えめに。

「レモンバーベナ」は、レモンバームと同じくレモンの香りのするおいしいハーブで、強いリラックス効果があります。

イライラや不安、動機やパニックを抑える効果があり、気持ちが追い詰められている時、不安で眠れなくなった時におすすめです。

おすすめレシピ  おうちスパ・ブレンド|レモンの香りでリラックス

ローズ

リラックスハーブ:ローズ

 ローズの効能

[効能] 抗うつ作用、美肌効果、不妊・生理不順の改善、生理痛の緩和、媚薬
[注意点] 観賞用のローズと混同しないようにご注意ください。

ローズティーには抗うつ作用があり、落ち込んだ気分を癒してくれます。

ローズには、他のハーブにはない特別な精神的な働きかけがあるとされています。大切な人を失って深い悲しみから抜け出せないとき、絶望を感じたときなどは、自然療法ではローズティーを処方されます。

ローズにはまた、不妊や生理不順、生理痛にも効果があり、まさに女性に寄り添った、女性のためのハーブと言えます。

ちなみに、ローズティーを飲むとフェロモンが増えるのだそうです。恋愛中の方はぜひお試しを。

おすすめレシピ 花だけで作る:プレゼントにぴったりの「フラワーティーブレンド」

ラベンダー

リラックスハーブ:ラベンダー

 ラベンダーの効能

[効能] 抗うつ作用、抗不安作用、神経を強くする、抗菌作用、鎮痛作用
[注意点] 注意点のない安全なハーブです。

リラックスハーブの1番人気は、ラベンダーです。

ラベンダーティーは、優雅な花の香りのする淡い紫色のお茶で、かすかな甘みがあり飲みやすいです。ハチミツを混ぜて、香りをかぎながらゆっくりと楽しむ飲み方が人気です。

ラベンダーティーは、ラベンダーシロップをお湯で割って作ることもできます。

おすすめレシピ 【ラベンダーと砂糖だけ】優しい香りのラベンダーシロップ

ハーブ選びのコツ

ハーブにまだ慣れない頃には、ハーブ選びが大変に感じるかもしれません。

ハーブ選びのコツは、あまり名前を聞いたことのないものには手を出さずに、人気のハーブから使ってみるということです。

そして1つのハーブティーが飲みなれてきたら、もうひとつハーブを買い足してみるのもおすすめです。自家製のブレンドを作ってみると、ハーブティーの楽しみが膨らみます。

スプーン2杯で作る簡単ルール|自家製ハーブティーブレンドの作り方