蒸らし方がコツ|ティーバッグで美味しいハーブティーを作る方法

蒸らし方がコツ|ティーバッグで美味しいハーブティーを作る方法

ティーバッグのハーブティー

ティーバッグのハーブティーには、ルースティーにはない魅力がたくさんあります。手軽に楽しめて後片付けが楽な上に、種類も豊富なティーバッグで、おいしいハーブティーを作るためのコツをご紹介します。

ティーバッグで美味しいハーブティーを作る方法

ティーバッグで美味しいハーブティーを作る方法

ティーバッグで美味しいハーブティーを作るポイントは「蒸らし方」です。

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量 200ml・1杯分

 ティーバッグ … 1袋
 水 … 300ml
 ティーカップの受け皿(または小皿)

Instructions ー作り方ー

ティーバッグで美味しいハーブティーを作る方法

 水を火にかけ沸騰させます。沸騰したら空のティーカップに100mlほど注ぎます。
 ティーカップが温まったらお湯を捨て、ティーバッグを入れます。ひもをカップから出しておきます。
 ティーバッグの上にかけるように1の残りのお湯を注ぎます。
 受け皿をかぶせてフタをします。そのまま3~5分蒸らします。(パッケージの表示に従ってください)
 ティーバッグを取り除いたらできあがり。

Tips ーレシピのポイントー

フタをしてハーブティーの香りを閉じ込める

ハーブティーをティーバッグで作る時には、せっかくのハーブの香りを逃さないように、ふたをするようにしましょう。

ティーカップの受け皿を逆さにしてカップに重ねれば、即席のふたになります。受け皿がなければ、小皿でも代用できます。

カップを温めておく

前もってカップを温めておけば、おいしいハーブティーが飲めるだけではなく、ハーブの成分も効率的に抽出することができます。熱湯を入れれば、カップは15~30秒ほどで温まります。

ティーバッグに賞味期限はあるの?

ティーバッグは、1年以内に消費するのが理想的です。

ティーバッグのパッケージに賞味期限が書いてある場合は、その日まで美味しく飲むことができます。

まだ香りが残っていれば、賞味期限が過ぎても飲むことができるので、すぐに捨てる必要はありません。

香りが弱い場合には、ハーブの成分を利用して、他のことに使うこともできます。賞味期限を過ぎたティーバッグの利用法は、次の2つがおすすめです。

水を含ませて、フェイスパックとして使う

カモミールティーなら、アイパックに使うことができます。カモミールティー以外なら、頬などの面積の広い部分に、ティーバッグのまま10分ほどおいたら終了します。

フットバス/ハンドバス

耐熱性のボウルにティーバッグを入れ、熱湯を注ぎます。手を入れても熱くない温度になったら、フットバスやハンドバスとして楽しむことができます。

手軽にハーブティーを楽しむためにも、ティーバッグをどんどん活用していきましょう。