ハーブの保存は手抜きでOK|おいしく長持ちさせる方法

料理にきれいな彩りや爽やかな風味を添えるフレッシュハーブたち。

「いざ料理に使おうと思うとしたら、冷蔵庫ですでにしなびていた」という経験はありませんか?

ハーブはどれもデリケートで長持ちしないのが難点です。

しかしながら、保存にちょっとした工夫をするだけで、ハーブはだいぶ長持ちします。

今回の記事では、手抜きでもしっかりとハーブの鮮度を守る保存法をご紹介します。

保存しやすいハーブ、保存しにくいハーブを知る

保存しやすいハーブ、保存しにくいハーブを知る

ハーブには2種類あります。

 ・保存しやすいハーブ (= 丈夫なハーブ)
 ・保存しにくいハーブ (= デリケートなハーブ)

この2種類を知っておけば、ハーブの保存の手間を省くことができます。

丈夫なハーブの保存に手をかける必要はなく、簡単に保存しても長持ちします。

一方、デリケートなハーブは傷みやすいので、少し手をかけて保存するようにしましょう。

 丈夫なハーブ(保存の目安:3週間)

 ・ローズマリー
 ・タイム
 ・オレガノ
 ・セージ
 ・チャイブ

 デリケートなハーブ(保存の目安:1週間)

 ・バジル
 ・ミント
 ・ディル
 ・シラントロ(コリアンダー)
 ・パセリ
 ・タラゴン

デリケートなハーブは、長く保存しないことを前提に、なるべく早く使い切ってしまうのがおすすめです。

特にバジルは、1週間もしないうちに変色が始まります。早ければ1日後にはダメになってしまうこともあるので、買ったその日に使い切るのが安心です。

1分でできるハーブの手抜き保存法

まず初めにご紹介する手抜き保存法は「水に挿しておく」というものです。

あなたは、花束を買ってきてからすぐに水に挿しませんか。

ハーブも同じで、帰宅したらとりあえず水に挿して水分を吸わせてあげると、その後の保存期間が長くなります。

下の写真左は水に挿した直後、右が3時間後の様子です。葉がピンとして元気になっています。

水に浸かる部分の葉は腐るので、あらかじめ根本部分の葉は取り除いておきましょう。

さらにひと手間

デリケートなハーブの場合には、さらに上から袋をかぶせるのがおすすめです。袋が葉を乾燥やダメージから守ってくれます。

袋のジッパー部分を両側から軽く閉めておくと、ハーブが乾燥しにくくなります。

ハーブを水に挿して保存する

5分でできるハーブの手抜き保存法

5分でできるハーブの手抜き保存法

次にご紹介するのは、冷蔵保存法です。

冷蔵保存には、プラスチックパックを利用します。

ハーブを購入したときに入っているプラパックが一番理想的なのですが、もし自家栽培のハーブであれば、トマトやイチゴなどの使用済プラパックをご利用ください。

なぜプラパック?

私は以前、ハーブの冷蔵にはいつもジップロックのようなものを利用していました。

しかしながら、ハーブが取り出しづらい、どうしても袋の下に水がたまることが気になっていました。

そこで思いついたのが、ハーブを購入するときについてくるプラパックを利用するという方法です。

ハーブのプラパックは、空気穴や形状ともに、ハーブに合わせてあります。

日本でもアメリカでもハーブのパックの形は全く一緒だったので、おそらくこの形がハーブを長持ちさせる理想の形なのだと思います。

こんな理想的なパックを捨てたらもったいない、保存に利用してみようと思ったのです。

試した結果は大正解でした。

保存袋で保存するよりも、パックで保存する方がハーブを取り出しやすいですし、デリケートなハーブでもかなり長持ちするようになりました。

ただし、お店で買ってきてそのまま冷蔵庫にポンと入れるのではなく、ハーブを乾燥から守るためのひと手間を加えてみましょう。

5分でできるハーブの手抜き保存法

 保存の手順

1 買ってきたハーブをパックからすべて取り出します。

2 キッチンペーパーを濡らし、両手で挟むようにして、水が滴らない程度にまで軽くしぼります。

3 をパックに敷き、ハーブを乗せます。

4 余ったキッチンペーパーをハーブにかぶせるようにして折りたたみ、パックのふたを閉めます。

5 野菜室に保存して、2日に1度キッチンペーパーが乾いていないかを確認します。乾いている場合には再び湿らせてください。

6 保存期間の目安は1~2週間です。

私が試してみたところ、ミントやパセリなどのデリケートなハーブでも2週間は余裕で持ちます。

10日たっても香りが強く元気な状態でいてくれるので、ハーブをダメにしてしまうということは全くなくなりました。

保存のポイント

パックでの冷蔵保存のポイントは、ハーブをギュウギュウに詰めないことです。

パックによっては、購入時にすでにギュウギュウに詰まっていることもあります。その場合にはハーブを1~2枝取り除いて、ふんわりと入れられるスペースを確保してください。取り除いた1~2枝は、水に挿しておけばOKです。

また、1週間ほど同じキッチンペーパーを使っていると、たまにカビが生えてくることがあります。
カビに気づいたらすぐにキッチンペーパーを新しいものに取り換えるようにしてくださいね。(使う前にハーブをよく洗うこともお忘れなく)

さらにひと手間

ハーブを保存中、枯れた葉や枝などが見つかったらすぐに取り除いておきましょう。

1つ悪いハーブが入っていると、全体が悪くなるのも早くなります。2日おきに確認してみてくださいね。

冷凍も手抜きでOK

ハーブの冷凍というと、そのまま凍らせて良いのかどうか迷いますよね。

実は、ハーブの冷凍は野菜よりも簡単です。
1週間で使い切れないハーブは冷凍してしまって、ゆっくり使うようにすると安心です。

冷凍ハーブは、約3か月間保存することができます。

「丈夫なハーブ」と「デリケートなハーブ」では冷凍の方法が少し異なるのでご説明します。

「丈夫なハーブ」の冷凍方法

保存しやすい丈夫なハーブは、軽く洗った後によく水気を切って、そのまま袋に入れるだけで冷凍できます。

サラダスピナーを使ってハーブの水気を完全に飛ばしてから冷凍すると、ハーブの香りが長持ちしますよ。

ハーブの冷凍方法

「デリケートなハーブ」の冷凍方法

保存しにくいデリケートなハーブは、水と凍らせて「氷」として保存するのがおすすめです。

水中にあるハーブは空気に触れないので劣化しにくくなります。ハーブの変色を防ぎ香りを閉じ込めることのできる、便利な保存方法です。

ちなみに「丈夫なハーブ」もこの方法で保存することができます。

ハーブの冷凍

氷のハーブは、凍ったままフライパンに入れて使うことができます。

パスタソースや洋風のスープなどに加えるととっても美味しいですよ。

ハーブの冷凍についての詳しい情報は次の記事にまとめています↓

簡単!入れるだけ!ハーブの冷凍保存法を徹底解説

ハーブの乾燥は「放置」するだけ

ハーブの乾燥は「放置」するだけ

ハーブの乾燥って何だか難しそうに見えますよね。

しかしながら、ハーブの乾燥は基本的に放置しておくだけなので、とっても簡単なんです。

特別な道具もいりません。

ハーブの乾燥方法

ハーブの量が少なければ、料理用バット(またはお盆)の上にキッチンペーパーを敷いて、その上にハーブを乗せるだけ。

ハーブが大量の場合には、茎の部分を輪ゴムで結んで花束のようにして、洗濯ピンチハンガーなどを利用して逆さに(茎の部分を上にして)吊るせばOK

日の当たらない風通しの良い場所に放置しておけば、2~5日くらいでハーブはパリパリに乾燥します。

ハーブの乾燥方法や、乾燥後のチェック方法など、さらに詳しい情報は次の記事を参考にしてみてくださいね↓

ハーブの乾燥は意外と簡単!|3つの乾燥方法をご紹介

おわりに:ハーブをおいしく保存する

色々な保存法を一気にご紹介しましたが、何か気になるものはありましたか?

さいごに記事内容をまとめておきます。

ハーブの保存のコツ

1 ハーブに元気がなければ、とりあえず水に挿して3時間ほど放置してみましょう

2 水に挿しても元気にならないようなら鮮度が悪い可能性があるので、すぐに冷凍・または乾燥させます

3 水に挿して元気になったハーブは冷蔵保存します。冷蔵は濡れたキッチンペーパーで包んでプラパックに入れれば完了!

4 デリケートなハーブは氷で冷凍、丈夫なハーブはそのままジップロックへ投入!

5 ハーブの乾燥は基本「放置」。洗濯物を室内干ししているときの道具や場所を利用して、お金をかけずにドライハーブを作りましょう

上の方法に厳密に従う必要はありませんので、あなたのやりやすい方法で、ハーブをおいしく保存してくださいね。