ハーブの乾燥は意外と簡単!|3つの乾燥方法をご紹介

ハーブの乾燥のさせ方

ハーブの乾燥

庭のハーブがどんどん生えてきて使いきれない!

そんな時には、ハーブを乾燥させて保存しましょう。最大2年間、旬のままの香りを楽しむことができます。乾燥方法は3種類。お好みで選ぶことができます。それぞれの方法を丁寧に解説していきます。

ハーブの乾燥方法3つ

乾燥方法は3つあります。

 自然乾燥法
王道の方法。ハーブを傷めず、香りもしっかり閉じ込める。大量のハーブも乾燥可能。ただし、梅雨の時期には乾燥が難しいという欠点も。

 電子レンジ乾燥法
急ぎでドライハーブが必要な時におすすめ。色持ちは良いが、香りは飛びやすい。少量での乾燥向け。

 オーブン乾燥法
梅雨の時期におすすめの方法。コツをつかめば便利な半面、ハーブが焦げやすいという欠点も。

方法1:自然乾燥法

風・熱といった自然の力のみでハーブを乾燥させる方法です。ハーブに負担をかけず、香りも飛びづらい、理想的な乾燥方法です。

自然乾燥法には2つの方法があります。

 自然乾燥 2つの方法

・ハーブに茎がついている場合 … 吊り下げて乾燥
・ハーブが葉だけの場合 … トレーに並べて乾燥

ハーブに茎があれば「吊り下げる」、ハーブに茎がなければ「並べる」という、単純な分け方です。

実や花、種のハーブも茎がないので、トレーに並べて乾燥させます。

吊り下げて乾燥させる

ハーブの乾燥:吊り下げて乾燥させる

 ハーブを逆さにつるして乾燥させる
 S字フックや輪ゴムを使えば、かける場所は自由自在

Ingredients  ー材料ー

 フレッシュハーブ(茎・枝のついたもの)
 輪ゴム
 S字フック

Instructions ー作り方ー

ハーブの乾燥にはS字フックが役立つ

 ハーブ4~5束に対して、1本の輪ゴムとS字フックのセットを用意します。
 ハーブの茎を輪ゴムで縛ります。束ねている輪ゴムを1本引っ張り、S字フックを引っかければできあがり。
 好きな場所につるして乾燥させます。乾燥までの目安は2~5日です。

Tip ーコツー

 輪ゴムでハーブの落下防止

ハーブを縛る時には、麻ひもよりも輪ゴムが優秀です。理由は、ハーブが乾燥するにつれてどんどん茎が細くなり、麻ひもだとハーブが落下するからです。輪ゴムなら伸縮性があるので、ハーブが縮んでも落ちる心配はありません。

Where to dry ー乾燥させる場所ー

ハーブを吊り下げるには、「麻ひもを張って引っかける」「S字フックを利用する」の2つの方法がおすすめです。

 麻ひもに引っかける

ハーブの乾燥:麻ひもに引っかける ハーブの乾燥拡大写真

麻ひもを張る場所があるなら、ハーブを二股に分けて、そのまま引っかけることができます。

  S字フックで引っかける

ハーブの乾燥:S字フックを使う2 ハーブの乾燥:S字フックを使う1

麻ひもを結ぶ場所がなければ、S字フックを使いましょう。あまり開け閉めしない物置のドアや、室内干しのハンガー、一時的にカレンダーを外して壁にかけたりと、場所を選ばずハーブを吊るすことができます。

 日の当たらない場所につるす

ハーブを直射日光に当てると、ハーブの変色の原因になります。レースのカーテンで直射日光を防ぐか、日の当たらない場所につるすようにしましょう。

また、熱風のかかる場所(エアコン、キッチンコンロ、ヒーターのそばなど)も、ドライハーブの質を落とすので避けましょう。

トレーで乾燥させる

ハーブをトレーに並べて乾燥させる

 大きなトレーを使えば大量の乾燥も可能
 トレーを持ち運びして乾燥場所を移動できる

茎のついていない葉、花、実、種、根は、トレーの上に並べて乾燥させることができます。

トレーごとハーブを移動できるので、「お料理をする時にはダイニングテーブルに…」「お料理が終わったらキッチンに…」など、置く場所を色々と変えることができます。

Ingredients  ー材料ー

 フレッシュハーブ(茎・枝のないもの)
 トレー
 キッチンペーパー

トレーは、お盆、料理用バット、プラスチック製の大皿など、色々なもので代用することができます。

Instructions ー作り方ー

ハーブの乾燥:自然乾燥の場合2

 トレーの上にキッチンペーパーを広げ、ハーブを並べます。
 何もかぶせずに、そのままの状態で平らに置いて乾燥させます。
 1日に1度、ハーブをかき混ぜると乾きが早くなります。乾燥までの目安は2~5日です。

Tip ーコツー

 ハーブは重ならないように

ハーブの並べ方のコツは「一層にする」ことです。ハーブを重ねて二層にも三層にしてしまうと、ハーブが乾きづらくなります。ハーブが多い場合には、別のトレーに並べるようにしましょう。

Where to dry ー乾燥させる場所ー

 腰より高い位置に置いてほこりを防ぐ

ほこりを防ぐためにも、足元に置くのではなく、ある程度の高さのある場所にトレーを置くようにしましょう。腰より高い位置なら、ほこりをかぶりづらくなります。おすすめは、キッチンカウンター、本棚やタンスの上、パソコンデスクの上などです。

 場所を移動させてもOK

私は、昼間は寝室にトレーを置き、少し窓を開けて風を送るようにしています。夜の間はダイニングテーブルでも家族の邪魔になりません。置く場所に困ったら、色々と移動させながらうまく乾かしていきましょう。

 直射日光に当てない

吊り下げる場合と同じように、日光に当てたり、エアコンの熱風がかかる場所などは避けてください。

方法2:電子レンジ乾燥法

電子レンジの乾燥法は、ハーブをすばやく、彩りよく乾かすための方法です。

ハーブの電子レンジ乾燥法

電子レンジ乾燥法のポイント
 
3分もあればドライハーブを作ることができる
 
できあがりのドライハーブの色がきれいで鮮やか

ドライハーブと言えば、茶色くくすんだイメージがあります。しかし電子レンジでの乾燥法では、乾燥前とほぼ変わらないきれいな色を保つことができます。

ただし、この乾燥法には「香りが飛びやすい」という欠点があります。ご注意ください。

Ingredients  ー材料ー

 フレッシュハーブ(茎・枝は取り除いておく)
 耐熱皿(大きく平たいもの)
 キッチンペーパー

Instructions ー作り方ー

 耐熱皿にキッチンペーパーを敷きます。
 ハーブを重ならないように並べたら、500Wで30秒間 加熱します。
 その後は30秒~1分ごとに、ハーブの様子をチェックしながらレンジにかけます。
 ハーブを触ってみてパリパリになったらできあがり。

Tip ーコツー

 ハーブティーには使わない

電子レンジでの乾燥は、エッセンシャルオイルが飛びやすい傾向にあります。エッセンシャルオイルのないハーブは、香りがなく、効能も少なくなります。ハーブティー用のドライハーブを作る方法としては不向きです。

 向いているのは料理の仕上げ

反対に、電子レンジ乾燥法が向いているハーブの使い方は「料理の仕上げ」です。例えば「ドライパセリをスープの彩りとして散らしたい」「ドライバジルをパスタソースの仕上げに使いたい」という場合にはぴったりの方法ですので、どんどん活用してみてください。

 焦げやすいハーブに注意
パセリ、オレガノ、バジルは焦げやすいので、少量で乾燥させる場合には20秒おきに様子を見ることをおすすめします。

方法3:オーブン乾燥法

オーブン乾燥法は、アメリカのおばあちゃんがよく使うクラシックな方法です。

慣れとコツが必要なので、「オーブンを普段からよく使う」「自分のオーブンのクセを知っている」という人に向いています。

ハーブの乾燥方法:オーブンの場合

オーブン乾燥法のポイント
 
一度に大量のハーブを乾燥させることができる
 低温でじっくりと乾燥。比較的香りを逃しにくい

梅雨の時期に大量のハーブを「自然乾燥」させようとすると、ときには1ヶ月以上かかることもあります。とはいえ、電子レンジで少量ずつ行うのも手間に感じるという場合に、オーブン乾燥法が役立ちます。

Ingredients  ー材料ー

 フレッシュハーブ(茎・枝つきでOK)
 オーブン用トレー(またはオーブン対応の大皿)
 ベーキングシート(アルミホイルでも代用可)

Instructions ー作り方ー

 トレーにベーキングシートを敷き、ハーブを重ならないように並べます。
 トレーをオーブンに入れたら、最低温度に設定して余熱を開始します。ハーブが乾くまで、10~15分おきにハーブの様子をチェックします。
 可能なら、オーブンの扉を少し開けておいて、外気を流れこませるようにして乾燥させるとうまくいきます。

Tip ーコツー

 扉が半開きでも稼働するオーブンが理想的

オーブン乾燥法は、扉が半開きでもスイッチがオンになるオーブンが理想的です。オーブンは密室の庫内で蒸気を循環させるシステムなので、扉を少し開けて蒸気を逃がすすき間を作った方が、ハーブが早く乾きます。

扉を完全に閉めないと稼働しないオーブンを使う場合には、ときどき扉を開け閉めして、蒸気を逃すようにするとうまくいきます。

 葉の薄いハーブに注意
オレガノ、ミントなど、薄い葉のハーブの乾燥は難易度が高めです。焦がさないように十分に注意してください。反対に、ローリエなどの葉の厚いハーブは成功しやすいので、オーブン乾燥におすすめです。

私が焼き菓子作りが苦手だからなのでしょうか。オーブンでの乾燥法は、何度か試してコツをつかまないと難しいという印象です。自然乾燥が無理な場合にだけ、慎重に進めながら挑戦するのがおすすめです。

水分残りに注意 ― 乾燥したかどうかの確認方法 

乾燥したかどうかの確認方法

最後に、ハーブが乾燥しているかどうかのチェック方法をご紹介します。

もし少しでもハーブに水分が残っていると、保存した時にすぐにカビが生えてきます。チェックはしっかりと行いましょう。

Instructions ー乾燥のチェック方法ー

ハーブの乾燥:チェック方法

 ハーブの葉を、親指と人差し指でつまみます。
 そのまま指を横にすべらせ、数回こすってみます。
 ハーブがパリパリと音を立てて崩れたなら、完全に乾燥しています。
 もしハーブが崩れずない、または指の中で小さく丸まるだけなら、まだ水分が残っています。

ハーブに水分が残っている場合には、絶対に「音」がしません。おにぎりの「海苔」のイメージです。乾燥していれば「パリッ」と折れますが、少しでも水分を含むと曲がるだけで折れません。

 タイム、ローズマリーは「折って」確認
タイムやローズマリー・ローリエは、葉に厚みがあるので、こするよりも「折って」確認する方が早いです。両手で曲げてみた時に「パキッ」と音を立てて折れれば乾燥完了です。

たとえこの段階で水分が残っているとしても、ハーブが乾くまではあと一息です。おそらく1~2日後にはパリパリになるので、もう少しがんばってみましょう。

乾燥後の保存にも気をつけると、ハーブが長持ちします。上手な保存方法は、次の記事を参考にしてみてくださいね。

>>大量買いでも大丈夫!ハーブティーをおいしく保存するコツ5つ

ドライハーブで楽しめる6つのこと

ハーブを乾燥させると、楽しみが一気に広がります。保存期間は最大2年間なので、焦らずゆっくりと、色々なハーブレシピに挑戦してみましょう。

ドライハーブティー
フレッシュハーブで作るよりも濃く、深みのあるハーブティーを楽しむことができます。

ティーブレンド
お好みの効能を、自分好みに組み合わせることができます。

ハーブオイル
ドライハーブで作るハーブオイルは、味も香りも本格的。

ハーブソルト
自然塩と合わせるだけで即席のハーブソルトに。

ハーブビネガー
ピクルスやサラダにハーブの香りを加えてみましょう。

ハーブバス
週末は、ドライハーブでリラックスバスを楽しみましょう。