胃がすっきりとしない朝に|ジンジャーコーヒーの作り方・アレンジレシピ

胃がすっきりとしない朝に|ジンジャーコーヒーの作り方・アレンジレシピ

胃がすっきりとしない朝は、いつものコーヒーに少しのひと手間加えて「ジンジャーコーヒー」にしてみませんか?

朝の胃もたれを和らげるだけでなく、抗酸化作用や滋養強壮効果があるため、毎日の健康管理にもぴったりです。

コーヒーをより飲みやすく、すっきりとさせたような味わいのジンジャーコーヒーをぜひ楽しんでみてください。

この記事では、ジンジャーコーヒーの基本の作り方とアレンジレシピ、ジンジャーコーヒーの効能をご紹介します。

基本のジンジャーコーヒーの作り方

基本のジンジャーコーヒーの作り方

ジンジャーコーヒーは朝におすすめです。ショウガには寝起きの臓器を活発にする効果があるので、朝の目覚めが良くなります。

Ingredients  ー材料ー

1杯分

 コーヒー … 120ml
 ショウガ(すりおろし)… 小さじ1
 はちみつ … 小さじ1

Instructions ー作り方ー

 カップにショウガとはちみつを入れます。

ジンジャーコーヒーの作り方1  


 ピッチャーにコーヒーを作り、1に注ぎます。

ジンジャーコーヒーの作り方2


 よく混ぜたらできあがり。

ジンジャーコーヒーの作り方3


レシピのポイント

インスタントコーヒーを使う場合には、普通にコーヒーをカップに作った後、最後にショウガとはちみつを混ぜてください。

また、チューブのショウガを使うとより簡単に作ることができます。

カプチーノ風ジンジャーコーヒーの作り方

カプチーノ風ジンジャーコーヒーの作り方

カプチーノ風にするとまろやかさが加わり、より飲みやすくなります。

シナモンなどのスパイスを加えてもおいしいです。

Ingredients  ー材料ー

1杯分

 基本のジンジャーコーヒー(レシピは上記… 1杯分(120ml)
 牛乳 … 100ml
 スパイスパウダー(お好みで:シナモン、カルダモンなど)… 少々

Instructions ー作り方ー

 基本のジンジャーコーヒーを用意します。

ジンジャーコーヒーの作り方・アレンジ1


 耐熱容器に牛乳を入れ、600Wのレンジで1分間加熱します。牛乳が温まったらミルクフォーマー(ミルク泡立て器)で泡立てます。

ジンジャーコーヒーの作り方・アレンジ2


 1のコーヒーに泡立てたミルクを静かに注ぎます。

ジンジャーコーヒーの作り方・アレンジ3

ジンジャーコーヒーの作り方・アレンジ4


 お好みでスパイスパウダーを振りかけたらできあがり。

ジンジャーコーヒーの作り方・アレンジ5


レシピのポイント

泡立てたミルクは、時間とともにどんどん消えていきます。作ったらすぐに飲むようにしましょう。

スパイスのオプションは他に、クローブ、ナツメグ、ターメリック、黒こしょうもおすすめです。シナモンスティックを沈めるだけでも良い香りを楽しむことができます。

ジンジャーコーヒーの効能

ジンジャーコーヒーはインドの伝統的な飲み物です。

インドでは「薬を普段の食事に取り入れる」という習慣があり、ジンジャーコーヒーも彼らにとっては薬のひとつです。

インドでは、ジンジャーコーヒーを飲むことで、寒い日には体を温め、暑い日には夏バテを予防し、一日の終わりに疲れを癒すことができるとされています。

ジンジャーコーヒーに期待できる効能

 老化防止効果、若返り効果

 胃もたれ、吐き気、胸やけを抑える

 がんや大きな病気の予防

 関節炎の症状の軽減

 血糖値を正常に戻す効果

 生理痛の軽減