フレッシュハーブで作るおいしいハーブティーの作り方

フレッシュハーブで作るおいしいハーブティーの作り方

自宅で育てているハーブが大きくなってきたら、フレッシュハーブティーを楽しんでみましょう。

新鮮な茶葉でいただくお茶は、ハーブティーならでは贅沢です。

発酵させたお茶にはない新鮮な香りと生命力があり、ひと口飲むだけでリフレッシュ効果が得られます。

この記事では、おいしいフレッシュハーブティーの作り方とハーブブレンドのレシピをご紹介します。

フレッシュハーブティーの作り方

フレッシュハーブティーの作り方

フレッシュハーブティーは、できるだけ摘みたてのハーブを使うことがおいしさの秘訣です。
もしスーパーで購入したハーブを使う場合にも、できるだけ買ったばかりのものを使うのがおすすめです。

Ingredients  ー材料ー

※できあがりの量  1杯分

 フレッシュハーブの葉と柔らかい茎 … 大さじ山盛り1杯
 水 … 200ml

フレッシュハーブを軽量スプーンに乗せた後に指で軽く押さえるようにすると、正確な量をはかることができます。

Instructions ー作り方ー

 ハーブを軽く洗い、水分を切っておきます。大きな葉はふたつにちぎり、硬い茎は取り除きます。水を火にかけて沸騰させます。


 ハーブをティーポットに入れたら、沸騰させたお湯をハーブにかけるように注ぎます。


 ティーポットのふたを閉めて5~10分間蒸らします。


 お好みでハーブをこしながらカップに注いでできあがり。できたてをいただきます。


Tips ーレシピのポイントー

少し冷ましたお湯を使う

フレッシュハーブはドライハーブとは違い「熱に弱い」という性質があります。沸騰直後のお湯ではなく、30秒ほど冷ましたお湯が最適です。

蒸らし時間はお好みで

蒸らし時間は5~10分の間で、お好みで調節してください。

5分の蒸らし時間だと苦味が少なく香りも柔らかなお茶になります。

10分の蒸らし時間だと多少苦味は出ますが、ハーブの効能による体質改善が期待できます。

まとめて作って冷凍できる

フレッシュハーブティーは、まとめて作って冷凍させておくことができます。

あら熱を冷ましたハーブティーを製氷皿に流し込んで凍らせるだけで、新鮮なハーブの香りを閉じ込めた「ハーブティーの氷」が完成します。

飲むときにはマグカップに4~5個ほどのハーブティーの氷を入れて、レンジで温めるだけです。

または、アイスレモンティーやジュース、炭酸水やカクテルなどにハーブティーの氷を浮かべて飲むのもとってもおいしいです。ぜひお試しください。

フレッシュハーブティーのもうひとつの作り方

フレッシュハーブティーのもうひとつの作り方

実は、フレッシュハーブティーにはもうひとつの作り方があります。

それは「水出しティー」です。
(いわゆる「ハーブウォーター」ですね)

生のハーブは熱に弱いため、熱を加えることなく作ることのできる水出しティーはまさに「フレッシュハーブのためのお茶の作り方」と言えます。

熱湯を加えて作るよりも香りが逃げづらく、ハーブに含まれるビタミンの損傷もありません。

水出しティーの作り方(2杯分)

1 フレッシュハーブ大さじ2杯を瓶やピッチャーに入れ、水400~500mlを注ぎます。

2 ふたかラップをして、冷蔵庫で4~6時間ほど置いたらできあがりです。

水出しティーのできあがりは冷え冷えなので、アイスティーで飲みたいときに便利です。

ホットで飲みたい場合には、マグカップなどに移してレンジで温めてください。

水出しティーに合うハーブは、次の記事でご紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 水出しハーブティーの作り方|効能や水出しに合うハーブリスト20もご紹介

フレッシュハーブのブレンドティーレシピ

ブレンドティーは、ドライハーブだけの特権ではありません。

フレッシュハーブが複数あるときには、フレッシュハーブをミックスして「ブレンドティー」として楽しむことができます。

自家製のハーブやお料理で少しだけ余ってしまったハーブなど、2つ以上のハーブがある場合にぜひお試しください。

参考までに、おすすめのフレッシュハーブで作るブレンドティーレシピをご紹介します。

01 体の酸化を防ぐブレンド

ローズマリー
ミント

ローズマリーとミントは「刺激」のハーブです。内臓を活発にし毒素の排出を助けるので、吹き出物やくすみ肌の改善に役立ちます。このハーブティーは少し苦味がありますが、さっぱりとした味わいで飲みやすいです。

02 風邪気味のときのブレンド

レモンバーム
ジンジャー

レモンバームは自然の風邪薬と言われています。薄切りしたショウガを加えれば、強い抗酸化作用により風邪の症状を緩和します。レモン風味に、ショウガがピリッとするおいしいハーブティーです。

03 眠れないときのブレンド

カモミール
ラベンダー

カモミールとラベンダーには神経を落ち着かせる作用があります。不安な心が穏やかになり、ストレスが緩和されます。ハーブティーの味は甘くてまろやか。カモミールは多めに、ラベンダーは少なめにブレンドするのがおすすめです。

04 食後に飲みたいブレンド

ミント
レモン

食後の眠気やだるさを予防するには、消化の促進を助けるミントを摂るのがおすすめです。輪切りのレモンを加えれば、さっぱりとしておいしくなります。口臭予防の効果も期待できます。

05 うがい薬のブレンド

セージ
タイム

エッセンシャルオイルを豊富に含むフレッシュハーブは、うがい薬としても効果的です。セージとタイムには殺菌効果があるため、うがい薬にぴったりのハーブです。塩を少々混ぜると、喉の粘膜の保護に役立ちます。

フレッシュハーブティーでストレスを癒しましょう

フレッシュハーブティーでストレスを癒しましょう

フレッシュハーブで作るハーブティーには、ドライハーブとは全く違った風味があります。

すっきりと爽やかな香りで、ティーの蒸気を深く吸い込むだけでもリラックスした気持ちになります。

ストレスで心が疲れていると感じたときには、ぜひフレッシュハーブティーで癒されてくださいね。