春のハーブビネガー作り|ダンデライオン・ビネガーの作り方

道端に咲いているたくさんのタンポポをたち。

実は、タンポポには強い効能があります。デトックスや肝臓のサポート、美肌効果など。

酢に浸してハーブビネガーにすれば、春のミネラルがたっぷり。いつもの食事に簡単に栄養をプラスすることができます。

庭や近所に生えているタンポポを使って、ハーブビネガー作りに挑戦しましょう!

ダンデライオンビネガーについて

ダンデライオンビネガーについて

まず、ダンデライオン・ビネガー(=タンポポのお酢)についてご紹介します。

タンポポは全草(花、葉、根)を食べることができます。使う部位によって、それぞれ効能が異なります。

ダンデライオンの効能

 花:ストレス・関節痛・緊張の軽減
 葉:ミネラルが豊富、消化促進
 根:肝臓のサポート、デトックス

一番おいしいのは、花だけで作るお酢です。
ふんわり漂う花の香りは、サラダドレッシングにぴったりです。

葉には強い苦味があり、根にはえぐみがあります。

ただし、春先の葉は苦味が少ないです。夏になると葉が硬くなり、だんだん苦くなっていきます。ぜひ春のうちに葉を摘んでおいて、ビネガー作りの材料にしてみてくださいね。

私はよく、花と葉をブレンドしてハーブビネガーを作ります。花を多めに入れるようにすると、葉の苦味がだいぶ和らいでおいしいお酢になります。

 ポイント
お酢は、ミネラル・ビタミンを抽出するのに最適の液体です。ハーブティーよりもたくさんの栄養を取り出すことができます。

ダンデライオン ビネガーの作り方

ダンデライオンビネガーの作り方

Ingredients  ー材料ー

・ ダンデライオン(フレッシュハーブ) … 2カップ
(おすすめはりんご酢) … 1カップ

[必要な道具]

消毒済みの保存瓶(抽出用と保存用の2つがあると便利です)
茶こし
・ こし布(なければ省略可)
・ ワックスペーパー(瓶のふたが金属の場合のみ)

関連記事  煮沸消毒の仕方|自家製シロップやハーブオイル・ビネガーの保存に

Instructions ー作り方ー


 ボウルとザルを重ね、水をためます。タンポポを沈めてよく洗います。洗ったあとはキッチンペーパーなどで水気をよくふき取っておきます。

※ 水分が少ないほど酢の持ちが良くなります。


 タンポポを瓶に詰め、酢を注いだらしっかりと瓶のふたをします。

※ 瓶のふたが金属の場合には、瓶とふたの間にワックスペーパーを挟んでから閉めるようにすると、ふたがサビつきません。


 冷暗所(戸棚の中など)に2週間おいて、じっくりと成分を抽出します。


 保存したい容器に茶こしを重ね、タンポポをこしたらできあがり。冷蔵庫で6ヶ月~1年保存できます。

※ こし布があると最後の1滴まで絞り出せるので便利です。

ダンデライオンビネガーの使い方

ダンデライオンビネガーの使い方

タンポポのお酢は、普通のお酢の代わりとして使うことができます。

特に合うのはマリネやピクルス、手作りドレッシングです。

いつものお料理に気軽に栄養をプラスできる、とても便利なお酢です。

ビネガードリンクの作り方

タンポポのお酢からは、ビネガードリンク(飲むお酢)も作ることができます。

お酒をよく飲む方や老化肌が気になる方は、1日1杯続けると良いですよ。

ビネガードリンクの作り方

ダンデライオンビネガーとハチミツ各大さじ1をグラスに入れます。炭酸水200mlを注いでよく混ぜればできあがり。

おすすめ記事

タンポポ以外のハーブでも「ハーブビネガー」を作ることができます。使うハーブごとに味の変化があってとっても美味しいですよ。

 基本のハーブビネガーの作り方
 ダンデライオンサラダの作り方
 タイプ別おすすめの疲労回復ハーブ